多くの会社では、仕事は教えても、部下のマネジメント法までは指導していない。だから、ほとんどのマネージャーが、部下を持っても育成に悩み、チームの目標未達や、部下の離職など問題を解決できないままでいる。ひとりで稼げる額には限界があり、部下を育て、チームを強くしない限り、会社の業績をさらに伸ばすことはできない。

本講座は、全3回で組織を変えるリーダーを育成する実践講座です。
 わずか2週間で8割の普通の社員をできる社員に変える部下育成術「行動科学マネジメント」をベースに、リーダーシップの採り方、仕事の任せ方、チームビルディングのやり方、目標管理…など、部下を動かし目標を達成させる必須知識、スキルを体得させます。

できるリーダーを育てるだけで会社は大きく変わります。ぜひ適任者をご派遣ください。

本講座で身につくリーダー必須《マネジメント》4つのスキル

1 短期間で部下を育成できる
スピードがあがる現場において即戦力、育成短縮は必須スキル
2 チームをまとめ活性化
仕事が高度化するなか個の力を集結できるリーダーとなる
3 時間管理、業務の効率化
報連相と的確な指示で部下の「仕事と時間」の効率を上げる
4 数字目標を達成する
部下間でバラつきのある達成率をテコ入れし目標を必達する

■行動科学マネジメントとは

ボーイング、3M、ウォルマートなど欧米600社以上が導入し絶大な成果を上げるマネジメント手法。楽天、JTB、明治、中外製薬はじめ日本の大手から中小企業も石田氏の指導のもと導入、実践している。

従来の一人の優れたリーダーが経験と勘に基づいて行うマネジメントと違い、「いつ、だれがやっても同じ成果が獲られる」再現性と人間の行動に焦点を当てた科学的なマネジメントで、リーダーの資質に左右されず、売上アップ、人材育成の短縮化などを実現。短期間で8割の「できない人」を「できる人」に変えると社長、現場リーダーから絶大な支持を集める。

会期:平成27年9月~11月【全3回】
講師紹介

講師 石田 淳

行動科学マネジメント研究所 所長
(株) ウィルPMインターナショナル代表


 経営する会社で、ある年新人の大量退職という非常事態が発生。経営の危機に追い詰められ、もがき苦しんだ末、人の行動に焦点をあてた「行動科学」に出会う。試行錯誤を繰り返し、アメリカ流メソッドを日本人の感覚に合うよう改良し「日本版行動科学マネジメント」を体系的に確立。自社を劇的に甦らせる。

 以前は年3店舗の新規出店が限度だったが、このマネジメントで短期間での人材育成が可能となり、3年で38店舗の出店を果たし、その後93店にまで拡大。

 現在は、社内マネジメントだけでなく、離職率対策や職場活性化などのコンサルティングも手掛け、その絶大なる効果で話題を集めている。大ベストセラー「続ける技術」他著書多数。東洋経済新報社「Think!」日経新聞、「日経情報ストラテジー」など多くのメディアに掲載される。

セミナー受講者の声

  • 部下が増えても孤軍奮闘していた自分でしたが、今ではチーム一体となって目標に進めるようになりました。

    (製造業 営業部長)

  • この方法で人を動かせば必ずデキル社員に育つと確信しています。

    (住宅設備業 社長)

  • 人が育たない原因がわかり、部下を持つことに自信が持てました。

    (専門商社 課長)

セミナー要項
会期・会場平成27918日(金)~1130日(月)【全3回】

1講目:平成27918日(金)
2講目:平成271029日(木)
3講目:平成271130日(月)
全日ともに10:3016:30
東京都 ※お申込者の方にメールで会場をご連絡させていただきます。
定員定員20名まで
石田講師が直接、参加者全員に実践的できめ細かい指導を行うため少人数の限定講座になっております。
ご参加費用1名につき ¥250,000
2名以上1名につき ¥180,000
(テキスト・資料・昼食・消費税込)

お問い合わせ日本経営合理化協会 担当:金森大介
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-3
TEL 03-3293-0041 FAX 03-3293-0048
Webでのお申し込みはこちらから
セミナーの内容

石田淳が直接指導!稼ぐチームリーダーを全3回で育てあげる

1講目 「同じミスを繰り返す」、「指示と違うことをする」、「苦手なことを避ける」…
 こんな部下をすぐ変身させる行動科学を使った《デキル社員の育て方》

■8割の「普通の社員」を「できる社員」に変える、正しい仕事の教え方

●年上年下、男性女性、正社員派遣パート…部下が多様化しても育成法は同じ
●「人柄」ではなく「仕組み」で社員を変えていく ●部下を育てる行動科学OJT
●同じミスを2度起こさせない仕事の教え方 ●「3つのコトバ」だけで行動は変わる

■行動科学を使えば「10人でやっている仕事を、8人以下で」回せるリーダーとなれる

●任せる仕事を「質、量、時間、コスト」4つの指標で数値化 ●「MORSの原則」の活用
●部下のムダな動きを止めさせ、稼ぐ動き方をピンポイントで指導
●誰にでも伝わる「共通言語」での指示出し ●行動のイメージを「見える化」させる

実戦課題 《「部下育成計画書」をつくり、正しい仕事の教え方と任せ方を実践する》

2講目 「成果が上がる行動」を習慣化させる!《稼ぐチームの目標管理術》

■行動科学に基づいた「進捗管理」と「目標設定」で、目標必達させるリーダーに生まれ変わる

●部下でバラつく達成率のテコ入れ方法 ●「目標」と「実績」の差の埋め方
●成果が出ない「原因」と「プロセス」の分析法 ●部門目標と個人への落とし込み方
●「ABCモデル」を使った「行動計画書づくり」 ●ノルマではなく、行動を管理する

■稼ぐ行動を継続させる!「モチベーションアップ」と「動機付け条件」

●人は「やる気」と「動機」がなければ動かない ●行動の継続は「お金」ではなく「名誉」
●「やる気」ではなく「自発性」を高める動機の設定法 ●「非金銭的報酬」の活用方法

活用事例から学ぶ 行動科学マネジメントを使った「稼ぐチーム」のつくり方

■人員を増やさず営業売上を324%アップ(精密機器業) ■クレーム76%減、継続率172%アップ(サービス業)
■5人で行っていた事務を2人でこなし経費68%カット(教育業) ■若手社員の離職率を1/3に削減(飲食業)

実戦課題 《「行動チェックリスト」をつくり、チームの目標管理を実践する》

3講目 チームをさらに強くする!「仕事の時間短縮」と「次世代リーダー育成」

■新しい付加価値を生み出すリーダーへ!チーム全体の仕事を「50%の時間」で終らせよ

●増収、増客、コスト削減…利益に直結する行動を見つけ、チーム全体に真似させる
●どんな仕事にも5割は「ムダな行動」がある ●積極的リーンフォースの活用

■チームを引っ張る「プチリーダー」をつくり、稼ぐチームをどんどん増やす

●5年間で直営店928%増。石田氏が実践した「次世代リーダー育成術」
●「リーダーチェックリスト」を使った、行動科学的「チームの任せ方・引き継ぎ方」

修了書授与

憧れられる上司となった君へ。明日を担うリーダーとして認定

●石田氏より各リーダー一人ひとりにむけて「リーダーの心得」を伝授

お申し込み

【2015後期】稼ぐチーム リーダー養成講座

開催日程参加料 (税込)小計 (税込) お申込み
平成27年9月18日(金)~11月30日(月)【全3回】
募集を終了いたしました

お申し込み者とご参加者が異なる氏名の場合、また、2名以上のご参加お申し込みをされる場合は、[お申し込み]クリック後のお申し込みフォームにて、ご参加者のお名前を全てご記入ください。

1名につき ¥250,000
2名以上1名につき ¥180,000
(テキスト・資料・昼食・消費税込)

出演講師の関連セミナー
画像 ページTOPに戻る