【商品発送開始!】「春季・全国経営者セミナー」講演CD・DVD 



 管理会計を実践すると、前月比の売上増減、部門別の損益、資金残高が、瞬時に数字でわかるようになる。自社の現状が数字でわかると、経営判断のスピードも正確さも格段に上昇する。


 しかし、言葉の響きの難しさで、管理会計を敬遠している社長が多い。実際には簡単で、社長が押さえるポイントはいくつもないのにだ。


 そこで本講座では、管理会計の手法を導入し、現状の経営数字から、素早く的確に経営判断を行う実践方法をご指導する。それは、


■どの事業/部門/商品が稼いでいるか知る「損益分析」
■現金残高を知り、金詰りをなくす「資金繰り表のつくり方」
■その投資でいくら儲かるかわかる「投資利益率」
■毎月の売上業績を管理し経営軌道を修正する「予算管理」
■儲けと経営のスピードを上昇させる「回転率」


 これらを実践すれば、限られた資金を効率よく使い最大限に稼げる経営を行えるようになる。なにより管理会計を実践している企業としていない企業では、利益に2倍以上違いが出てくる。


 もちろん簿記の知識は一切不要。数字嫌いな社長でも理解できるよう現場の実例と図表をまじえわかりやすくお教えする。管理会計は初めてという方から、自社での実践手順を知りたい方までご参加を強くおすすめします。


管理会計のセミナーや書籍は専門家向けばかりで内容も難しいです。本講座は、社長のためにわかりやすく読みくだし、社長が現場で使える実践実務のノウハウに凝縮してお教えします。


会期:平成26年11月28日(金)
講師紹介

講師 岩谷 誠治

公認会計士・税理士

管理会計で、会社を強くし収益性を上げる実務を指導

 難しい管理会計、経営分析、財務分析を日常生活や経営現場の事例になぞり、ユーモアをまじえ解説。専門用語も社長にわかる言葉に置きかえ、現場で使える数字を教える異色会計士。
 市民講座の依頼では、会社員はもちろん主婦、学生など会計には程遠い人にも経営分析を解説。わかり易い講義の評判を聞きつけ、時には、「恥ずかしくて今更社内で質問出来ない」と上場企業経営者、大手幹部がお忍びで訪れる。
 会計業務はもちろん、社長の頼れる相談役として、経営数字から未来を読みとき事業計画のアドバイスも行なっている。
 資生堂を経て朝日監査法人入社。その後、アーサーアンダーセンビジネスコンサルティングを経て01年独立。主な著書に「12歳でもわかる決算書の読み方」「借金を返すと儲かるのか?会計の公式」など他多数。

セミナー要項
会場・会期平成261128日(金) 1030分~1630
東京都 ※お申込者の方にメールで会場をご連絡させていただきます。
ご参加費用一名につき45千円(税込)
テキスト、資料、昼食、喫茶等を含む
2名以上割引 一名につき42千円(税込)
追記※当日は電卓をお持ちください
お問い合わせ日本経営合理化協会 担当:金森大介
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-3
TEL 03-3293-0041 FAX 03-3293-0048
Webでのお申し込みはこちらから
セミナーの内容
難しいのは言葉の響きだけ!社長が知っておくべき「管理会計」の基礎知識

 ■会計実務は経理に任せ、社長は3つのポイントだけ押さえればいい

●管理会計がわかると自社の現状、強み、弱み、打つ手が数字でわかるようになる
●管理会計に高価なシステムは不要!社長が知るべきポイントはタダで知れる
●数千万円掛かるシステムを数万円で実現する法 ●経理に出来ないと言わせないツボ


どの事業/部門/商品がいくら稼いでいるか知る「損益分析」のやり方

 ■難しい計算は必要なし。大まかな数字で社長が知りたいことは十分わかる

●商品、部門、店舗、事業、グループ会社…誰がいくら稼いでいるか管理会計的に理解する
●見るだけでわかる!「2つの損益分岐点図表」で自社の損益構造を知るには
●真に儲けている商品はなにか?赤字垂れ流し事業は?自社の強み弱みを数字で見える化


現金残高を知り、金詰りをなくす「資金繰り表」のつくり方

 ■管理会計を使えば、社長は資金繰りに心配することなく経営に集中できる

●手元にお金がなければ、事業拡大も新規事業参入も出来ない
●「いまいくらある?」「追加投資はできるか?」社長の疑問に答える手持残高のつかみ方
●一年後、半年後、3ヶ月後、手元にいくらあるか。どうすれば未来の現金を見える化できるか


その投資でいくら儲かるかわかる「投資利益率」の求め方

 ■損か得なのか?管理会計で社長は事業の正否を数字で正しく判断できる

●この新事業始めるか?やめるか?数字で判断するために管理会計をどう使うか
●新製品販売と将来利益でみる値決めの戦略 ●設備投資の判断基準は
●リースが得か買ったほうが得か ●投資を続けるか止めるか。事業の撤退基準


毎月の売上業績を管理し経営軌道を修正する「予算管理」の実践

 ■先月と今月の売上を比べ、修正策を現場に数字で落としこむ法

●社長が予算と実績を数字で把握し指示しないと、経営は行き当たりばったりとなる
●月次が早くなくとも出来る。部門ごとの前月比売上を素早く把握する方法
●予算と実績の差を埋める管理会計手法 ●前期比10%アップを目指す予算管理とは


儲けと経営のスピードを一段階上げる「回転率」の使い方

●儲かる商品でさらに稼ぐ管理会計的アプローチ ●商品回転率を高めるとは
●業界で変わる回転率指標 ●資金繰りを良くする「売上債権回転率分析」

お申し込み

経営スピードを一段階早くする 社長のための管理会計入門講座

開催日程参加料 (税込)小計 (税込) お申込み
平成26年11月28日(金) 10時30分~16時30分
募集を終了いたしました

お申し込み者とご参加者が異なる氏名の場合、また、2名以上のご参加お申し込みをされる場合は、[お申し込み]クリック後のお申し込みフォームにて、ご参加者のお名前を全てご記入ください。

一名につき45千円(税込)
テキスト、資料、昼食、喫茶等を含む
2名以上割引 一名につき42千円(税込)

出演講師の関連セミナー
画像 ページTOPに戻る