【予約受付スタート】「新春・全国経営者セミナー」講演CD・DVD 


 
 中小企業は、顧客の要求に、どこよりも早く、細かく対応することで、売上利益を拡大していく戦略が、最も儲けやすく、長く繁栄することができる。

 そうした企業は、顧客の要求を細部まで知り尽くし、全社一丸となって、すばやく対応することで、意図的に高収益を生む戦略を策定し、事業構造を変革している。

 それを、社長と幹部に一体となって、実務で、徹底的に自社に落とし込めるように確立された“経営の道具”が、この「戦略BASiCS(ベーシックス)」だ。

 本コースは、この道具を使い、たとえ子供でも「それなら売れそう」と言ってもらえるほど、単純で、わかりやすく、社長不在でも、社員がすぐ実行できる「我社だけの経営戦略」、「必然と高収益を生む事業構造」を構築いただく。

 実戦すればするほど、顧客の要求が手に取るように明らかになるから、既存客との関係がドンドン強化され、競合に顧客を奪われることなく、新規客も獲得できる。



会期:平成26年2月~7月【全6講】
講師紹介

講師 佐藤 義典

ストラテジー&タクティクス株式会社 代表取締役

「売れる会社の戦略職人」

 どの企業も逃れることが出来ない、成熟化の時代は、顧客中心の戦略実戦が事業繁栄の必須条件である。戦場(競合)・独自資源・強み・顧客・メッセージ…5つの戦略要素を顧客視点でとらえ直し、必然に売れる経営戦略を策定できる「戦略BASiCS」を開発。

 その効果は、全国の経営者から、「今やるべきことが見えた」「ヒト・モノ・カネのムダが無くなった」「顧客が倍増した」…など、高い評価を得る。

 常に実践を主眼においた実務家としての卓越した指導で、ベテラン経営者から若手経営者まで、多くの信奉者を持つ。

 弊会からは経営CD「経営戦略 虎の巻」「販売戦術 虎の巻」を発刊。

中小企業の最強の武器《戦略BASiCS》とは

 
経営戦略を立てるときに必要な要素は、
 (1)戦場・競合 B(Battlefield)、(2)独自資源 A(Asset)、(3)差別化 S(Strength)、
 (4)顧客 C(Customer)、(5)メッセージ S(Selling message) …の5つしかない。

複雑で様々な理論も、ほぼ全てこの5つだけにまとめられる。

しかし、この5つのどれもが重要だとわかっていても、全てを実戦することは容易ではない。

そこで指導先の業績を急伸させてきた佐藤義典氏が、数々の検証で確証を得た戦略策定の実務を、5つの要素の頭文字をとり、「戦略BASiCS」として体系化。

自社のやるべきことが一貫して、具体的に明らかになり、ムダのない、最も効果的な経営判断が瞬時にできるようになります。


セミナー要項
【第1講(合宿)】平成262月~7月【全6講】
【第1講(合宿)】225日(火)13時開始 ~26日(水)終了16
静岡県 ※お申込者の方にメールで会場をご連絡させていただきます。
【第2~6講】【第2講】311日(火)10時~17
【第3講】48日(火)10時~17
【第4講】513日(火)10時~17
【第5講】69日(月)10時~17
【第6講】77日(月)10時~17
東京都 ※お申込者の方にメールで会場をご連絡させていただきます。
定員15社(1業種1地域限定)
ご参加費用1社(2名) 77万円(税込)
※原則2名以上でご参加ください。
1名追加につき30万円(税込)
 幹部、後継者の方々との同伴をお勧めします。
※テキスト、演習シート、第1講ホテル12食(夜朝)、
 昼食代(第26講)、喫茶を含む
お問い合わせ日本経営合理化協会 担当:木村仁
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-3
TEL 03-3293-0041 FAX 03-3293-0048
Webでのお申し込みはこちらから
セミナーの内容

必然と高収益を生む事業構造に変える「本物の経営戦略」策定の実務

戦略立案/高収益を生む経営戦略づくり

誰も逃れられない成熟化の時代、いま「売れる経営戦略」を立てる

 たった「5つの質問」に答えれば、それが我社だけの「売れる戦略」となる
  ●必然と高収益を生む「5つの戦略」づくり ●自社の課題を特定する5つの質問とは
  ●大手と同じ戦い方はしない! 中小企業がとるべき「これからの経営戦略」
  ●実戦!戦略改善5ステップで戦略を変革する ●中小企業は《顧客》戦略から始める
  ●「即実行できる経営戦略」の強さ ●5つの戦略が揃えば、競合は追いつけなくなる 
 

競合から顧客を守る「3つの必勝パターン(差別化戦略)」の導入

 必然と顧客に選ばれる《我社だけの強み》を定め、トコトン磨く
  ●顧客が購入を決める選択基準は3つしかない ●3つの必勝パターン導入手順
  ●どの企業もこの法則からは逃れられない ●自社の勝ちパターンの選び方
  ●「顧客に選ばれる理由は、切り口次第で無限に作れる!」そのやり方と実戦  
 

戦略(社長方針)を全社員、全顧客の五感に伝える「長期繁栄の仕掛け」

経営の全てを顧客中心に変え、文化にまで高めた企業だけが繁栄する
 ●長期的に選ばれる「我社の資源」の磨き方 ●必要な資源、不要な資源の見極め方
 ●《独自資源》のない差別化はすぐマネされる ●採用、人員配置、設備投資の判断基準
 ●全社員・全部門が顧客に尽くす文化をつくる「企業文化の育て方・仕掛け方」
 
戦略を目に見える《メッセージ》として全社でやるべきことを一貫させる
 ●売り文句、カタログ、パッケージ、HP…今の「メッセージ」は適切なのか?
 ●「我社のことを顧客にどう感じて欲しいか」を計算して作りだす手順
 ●顧客、社員の心に突き刺さる「我社らしいメッセージ」の作り方、落とし込み方
 

戦略実行①/顧客・取引拡大

最速で顧客の要求に対応し、儲けに変える経営の仕組みをつくる

《顧客》の圧倒的な支持を意図的に作りだし、客単価を最大化する
 ◎事前に顧客の要求を知る秘策 ◎「顧客の優先順位」がわかってない企業は衰退する
 ◎1社、1人あたりの売上を最大化する「顧客ターゲット」の選び方、絞り方
 ◎客単価を意図的に増やす戦略分析7ステップ ◎競合から顧客を奪取する戦術
  

我社が最も高い利益を上げられる《戦場(市場)・競合》を検証する

同じ商品・サービスでも「戦場」の選び方で儲けが大きく変わる
 ◎戦場選びの誤りは、社員にはカバーできない ◎戦場別の実戦的な儲け方
 ◎「顧客視点」で我社が本当に儲かる市場を選ぶ ◎顧客に訊くべき「魔法の質問」
 ◎「真の戦場」の捉え方 ◎競合が多い=「自社の売上が増やせるシェア」ととらえよ
  

戦略実行②/組織の動かし方

狙い通りに組織を動かし、全社で顧客を魅了する事業構造づくり

営業、接客…現場任せの「増収・増客」は顧客不満足、売上減を招く
 ◎ノルマのために押売り、値引き…現場の勝手な行動をどう抑制し業績を伸ばすか
 ◎なぜ社員が思い通りに実行しないのか?から解放する「戦略実行4ステップ」
 ◎流出防止、購買頻度・点数、単価、新規客増を適切に実現する「売上5原則」の活用
数字の力で、思い通りに戦略を実行させる「戦略指標」を決める
 ◎売上・利益…だけの「数値管理」では戦略がいつまでも実行されないことを知れ!
 ◎高収益企業は、どんな数値目標を追っているか?なぜ他が追いつけないのか 
 ◎どんな社員も統率する「数字」の使い方 ◎戦略を数値化する「勝利の方程式」とは
 ◎指標を評価に組み込み、実行への強制力・スピードを上げる「せ・す・じ・評価」サイクル

《戦略BASiCS》セミナーご参加者の声

 これこそが戦略のスタンダードだ。今まで考えたこともなかった課題、やるべきことが、ヒト・モノ・カネの全て一貫性をもって、如実に明らかになった。戦略の単純化。もれなくダブりなく実行できる。ゆえに効果抜群。
(福井 アパレルメーカー 社長)

 顧客ニーズを捉えられない理由が明確になりました。まさに目からウロコ。引き続き、演習シートを元に自社の進むべき方向を具体化していきます。
(新潟 ネット通販 社長)

 素晴らしい!実践するまでは、正直、よくあるMBA理論かと少し軽視していましたが、「本物」に出会えました。
(神奈川 医療法人 理事長)

15社限定の密着指導
 ご参加企業は15社のみ。1業種1地域限定ならではの濃密かつ鋭いアドバイス。

 毎回、各社のレベルに合わせ、臨機応変に対応し、実務で徹底的に、「高収益を生む我社だけの経営戦略を、必ず、構築いただきます。



 本コースでは、必然と顧客に選ばれる御社だけの戦略を策定し、社員の意欲、実行への強制力を意図的にあげる戦略指標を決め、実戦いただき、効果測定までフォローします。

 加えて、幹部の方とともに自社の儲かる方向性を詰めていただくことで、将来にわたり、社長と一致した視点を持つ頼もしい右腕・後継者の育成にもお役立ていただけます。

お申し込み

佐藤義典の《戦略BASiCS》マスターコース

開催日程参加料 (税込)小計 (税込) お申込み
平成26年2月~7月【全6講】
募集を終了いたしました

お申し込み者とご参加者が異なる氏名の場合、また、2名以上のご参加お申し込みをされる場合は、[お申し込み]クリック後のお申し込みフォームにて、ご参加者のお名前を全てご記入ください。

1社(2名) 77万円(税込)
※原則2名以上でご参加ください。
1名追加につき30万円(税込)
 幹部、後継者の方々との同伴をお勧めします。
※テキスト、演習シート、第1講ホテル12食(夜朝)、
 昼食代(第26講)、喫茶を含む

出演講師の関連セミナー
画像 ページTOPに戻る