【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…35講師登壇、経営者700名が集う3日間 



2日間で14店舗  社長の話を聞く  現地を実体験
「繁盛店の秘密」と「これからブレイクする店」を探る1泊2日
 
 外食産業に吹いている風は決してフォローであるとは言えません。また、スマートフォンの普及で、ネット環境や広告宣伝のありかたは変貌して、店選びや販売促進も以前のやりかたでは難しくなっております。

 そのような環境の中でもお客様に支持されている店はどこが違うのでしょうか?答えは決して一つでありませんが、未来にむけての選択肢を示唆してくれる店はいっぱいあります。
 
 今回の店舗見学会では、繁盛店を通して「お客様に支持される選択肢」はどのように成立しているのかをみていきたいと思います。そして、人口が減少してゆき新規客の激増が望めない時代に、お客様の共感を引き出し、輝きのある店舗であり続けるコツをみていきたいと思います。
会期:平成25年10月2日(水)~3日(木)【1泊2日】
講師紹介

ジェームズオオクボこと 大久保 一彦

見学・視察コーディネーター

 とんかつ「新宿さぼてん」の惣菜部門を担当し、当時、困難と言われていたスーパー出店における多店舗化に成功。30店舗を150店舗にのし上げた仕掛人。数々の不振店の蘇生を実現させるなどの実績を上げ、店舗開発課長を経て、1996年に独立。「からし亭」「ぱすたかん」「ハイディ日高」「とんこつや」などのメニュー開発、業態開発、多店展開など数多くの店舗プロデュースを指導し、高収益店舗を作り続ける。

 毎年6回は、海外視察を実施し、日本はもとより、世界中の繁盛店、話題店を食べ歩き、これまでに、足を運んだ店は、実に一万店を超える。

 著書 「飲食店の見える化経営」「善の循環経営」「なぜか行列のできる飲食店の法則」…など、数多くのベストセラーがある。最近では、ユーザー評価サイト「食べログ」のレビュアー、ジェームズオオクボとしても有名。

セミナー要項
会期平成25102日(水)~3日(木)【12日】
【集合】1021000
【解散】1031800

■宿泊場所
東京都
ご参加費用1名様 213千円
(見学会、全飲食、宿泊代、資料代、消費税込み)
お問い合わせ日本経営合理化協会 担当:園部貴弘
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-3
TEL 03-3293-0041 FAX 03-3293-0048
Webでのお申し込みはこちらから
セミナーの内容
  【14店舗訪問】
   「繁盛店の秘密」と「これからブレイクする店」を探る1泊2日

     六本木・表参道・赤坂・新橋・田町・五反田
           ―― 行ってみて、食べてみないと絶対にわからない!

赤坂 四川飯店
鉄人 陳健一の店。日本における四川料理の総本山

 ここに来ずして四川料理は語れない。「四川料理の神様」と言われた父という大きな壁を乗り越え“中華の鉄人”として活躍。陳さんにお話をお伺いした後、特別に厨房を見学。
 名物の「陳麻婆豆腐」を始め、唐辛子の辛さや山椒のしびれるような刺激、酸味や香味など、様々な調味料や香辛料で深みのある本場四川料理を堪能。


シニフィアン・シニフィエ
食べログで“東日本1位のパン屋”

 カリスマパン職人 志賀シェフの店。長期熟成発酵による粉の旨味を活かした独自のパン製造法を発明。バターやチーズで誤魔化さず、実直にパンの原点を大切にし、粉や酵母、素材にトコトン拘る。料理抜きで、パン単体でワインのツマミに十分になり得るポテンシャルを秘めており恐ろしいほど完成度が高い。“パン好きの聖地”を訪問し、シェフのスペシャリテ「低温長時間発酵のバゲット」を食す。


 最新スイーツ&カフェ=ここでしか味わえない逸品
カカオサンパカ スペイン王室御用達の高級チョコレートショップ

 「エル・ブリ」のシェフやパティシエをはじめ、20数名のスペインを代表するクリエーターたちの出資のもと1999年に創業。最高のチョコレートを作るため、カカオ豆の選別から、熟練職人の手作業に至るまで一元管理。斬新なアイデアでカカオの魅力を最大限に引き出す。


グラッシェル 地方発!北海道で人気の洋菓子店が運営する一軒家パティスリー

  全体の見た目だけでなく、断面の色の美しさも特徴的な新感覚のアイスケーキ『アントルメグラッセ』の専門店。常時、店舗には20種のアントルメグラッセが並び、そのラインナップは季節ごとに変化する。旬の素材を集めて、すべて店舗併設の工房で手作り。小樽で人気の洋菓子ブランド「LeTAO(ルタオ)」が新たなスイーツのジャンルとして確立させるべく挑戦する。



HAL YAMASHITA東京
グルメサミット優勝の世界No.1シェフ

 今、最も注目されている“新和食”料理人。カネなし、コネなし、修行なし…でもミッドタウン、スカイツリーと特等地に出店し続ける。独自の視点、ジャンルに捕らわれない料理技法、素材の生産から料理にいたる一環のプロセスで、単に和と洋を融合させた料理ではなく、「素材の持ち味を最大に引き出す料理人」として注目。シェフのスペシャリテ「神戸牛の生雲丹巻」を食しながら、山下シェフの食への情熱に触れる。



 
第三春美鮨
旬、産地、食べ方を知り尽くした江戸前鮨職人の仕事を堪能

 店内に、毎日変わるネタを産地、漁法、大きさ、マグロなどは熟成日数が書いてある。「旨さの理由をしればもっと旨くなる」と長山氏。
 自ら全国を食べ歩き、市場を訪ね、漁船に乗り、産地のモノを体感することにより、その時期に一番旬の魚を用意する。プロの鮨職人が「魚」を学ぶために通う。江戸前鮨職人のホンモノの仕事、心意気を存分に味わって欲しい。


繁盛店見学会の現地セミナー

■「大久保流ダントツ飲食店のオンリーワン戦略」
 商品戦略、メニューづくり、地域戦略などを、その店がオンリーワンとして長く
 存在するために必要な要件とは何かを大久保氏が講義。
■「はじめての“フォアグラ導入”のやり方」
 高級食材のカリスマ・インポーターの“ミスターフォアグラK”こと
 KTフードコーディネーション社の田中和彦氏が、フォアグラをはじめとした
 高級食材の使い方を提案。
■「“Keep Tree”=Facebookの次はこれ」
 アメリカから上陸の注目の新技術『ビデオメッセージレター』。
 飲食店での活用法を、食に精通したKeeptree社の富山整氏が紹介。



新旧繁盛づくり!“心の居酒屋”と“システムの居酒屋”
駒八 本店 今でもお店に立ち「駒八おやじ」の愛称で親しまれる名物経営者

夫婦2人で始めた7坪の居酒屋。開店当初から日商で12万円、月商250~300万円を売り上げる超人気店になり、みるみる店舗数を増やしていく。現在、田町を中心に17店舗。今でも出店オファーが絶えない。「居酒屋の原点、それは企業ではなく“家業”」との思いで、現場に立ち続ける「駒八のおやじ」にお話をお伺いし、35年間も変わらずにつづく人気の秘密を探る。

 
原価BAR 店内のメニューすべてが「原価」のニュータイプ居酒屋

 プレモル190円、響17年380円、アーリータイムス60円…各種メディアで話題騒然、驚愕のシステム「全品原価」。大衆的なものは安く、高級酒や希少酒も手軽な価格。スタイルや嗜好に合わせて、様々な飲み方、チョイスができ、財布を気にせず飲めると連日大繁盛。実際にバーのシステムを体験し、立ち上げから運営、集客までのお話を聞く。
(株式会社ハイテンション 専務 柳谷智宣氏)



ランベリーBis
■“肉のスペシャリスト”が生み出す至極の個性派熟成肉

 霜降りからヘルシーな赤身肉へ。そんな声から生まれた「ドライエイジングの熟成肉」。微生物の働きや酵素により、旨味と香りは絶品に。「熟成肉」の可能性に気づいた名店ランベリーの岸本シェフがいち早く取り入れる。「さの萬の熟成肉」を堪能しながら、今後の可能性を問う。


 
ホルモン屋だん
■チェーン展開しているのに抜群の鮮度を誇れる秘密

 「芝浦から毎日直送」とありがちな売り文句で展開しているが、ありがちなレベルで無い。店舗数が増えると食材の調達が難しくなり、評判を落とす店が多い中で、ホルモン通から高く評価され続けている。“おとなの週末”ホルモン焼ランキング1位、食べログ新橋・汐留ランキングで10位以内に3店舗ランクイン。新しいチェーン店を志向する「だん」の快進撃に注目。


さるや
■創業300年 今に残る世界唯一の楊枝専門店

 たかが楊枝というなかれ、真の楊枝は至難の名人芸だ。黒文字を使い、今でも1本1本手作りで熟練の職人でも1日2000本しか作れない。宝永元年(1704年)創業。日本が世界に誇り得る「粋」と「実用」の象徴のこだわりと暖簾の重みを知る。


繁盛店見学会スケジュール

10月2日(水)
10:00 「キックオフセミナー」
     JMCAホール
11:15 「初めてのフォアグラセミナー」
     昔は超高級食材、今は高級食材、フォアグラについて“フォアグラ王K”が講演
12:30 「楊枝専門店 さるや」
     日本文化の黒文字の老舗。8代目当主 山本一雄氏に話を伺う。
13:30 「HAL YAMASHITA東京」
     名だたる老舗を抑えて世界一になった男、
     日経レストランのメニューグランプリでも優勝した山下シェフのスペシャリティを学ぶ。
15:30 「シニフィアン・シニフィエ」
     バケットが日本一?ブラージェンリーの名店の秘密。高いのに売れるパンとは。
16:15 「ランベリーBis」
     ランベリー岸本直人が手掛けるビストロ。「さの萬」の熟成肉を食べる。
17:25 「カカオサンパカ」
     スペイン王室御用達のチョコレート
18:30 「赤坂 四川飯店」
      言わずと知れた料理の鉄人の麻婆豆腐を“実食”する
20:20 「原価Bar」
      原価販売??飲食店におけるコスト法のプライシングの可能性。原価Barのカラクリを学ぶ。

10月3日(木)
9:00  「モーニングセミナー」
10:20 「蕎麦の花」
      女性でもさくっと入れる安く、旨い蕎麦が楽しめる蕎麦屋 岡本香了さんのお店
11:30 「第三春美鮨」
      日本一産地の事情に詳しい鮨職人。すべてのネタをトレースする男。
13:10 「ホルモン屋だん」
      チェーン展開しているのに、鮮度抜群という評判のホルモン店の秘密。
14:30 「グラッシェル」
      北海道で人気の洋菓子舗「LeTAO」が運営する一軒家パティスリー&カフェ
15:30 「Keep Tree」
      何年か先の決まった日にビデオレターが届く。
      アメリカからやってきた、従業員教育やコミュニケーションのツール。
16:40 「駒八 本店」
      手作りにこだわり創業35年!「駒八のオヤジ」に繁盛の秘訣を聞く。
18:00 JR浜松町経由 JR東京駅 解散

※交通事情により、予定時刻が少し変わる可能性と全店舗での長時間の試食が難しい可能性があります。


お申し込み

東京 2013年・大久保一彦のフードビジネス研究会 『人気・繁盛店見学会』

開催日程参加料 (税込)小計 (税込) お申込み
平成25年10月2日(水)~3日(木)【1泊2日】
募集を終了いたしました

お申し込み者とご参加者が異なる氏名の場合、また、2名以上のご参加お申し込みをされる場合は、[お申し込み]クリック後のお申し込みフォームにて、ご参加者のお名前を全てご記入ください。

1名様 213千円
(見学会、全飲食、宿泊代、資料代、消費税込み)

出演講師の関連セミナー
画像 ページTOPに戻る