【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…35講師登壇、経営者700名が集う3日間 


2年で経常利益10%以上・売上2倍を実現させる
生き残りをかけたメーカー営業の極意を伝授する

 コスト削減の号令をかけ、乾いた雑巾を絞るが如く、中小製造業の現場では日々、血のにじむ努力を重ねている。しかし、結果である利益率が向上しないばかりか、コスト削減で得られるはずの競争力も発揮できず、一向に売上が上がらない。こんな企業が今、激増している。

 はっきり言おう。これは「営業力の不足」が真の原因である。

私が最も得意とする「営業力の強化戦略」は以下、7つの実務がある。

第1ステップ「分析力の強化戦略」自社顧客を知り、経済動向に合わせる方法
 (1)最重要Aゾーン顧客の量と質のパターン分析と顧客内シェア分析
 (2)顧客別の売上高と粗利、顧客別時間あたり粗利の2面パレート分析

第2ステップは「計画の強化」日本電産の強さの秘密“実行に繋げる計画立案”
 (3)新規開拓計画 (4)月間訪問計画 (5)週間管理の方法

第3ステップは「実行力の強化」現状戦力のままで営業活動4倍増
 (6)「訪問件数・受注率」の上げ方 (7)軌道修正が即出来る「週イチ管理法」

   日本電産式の既存客の売上高と市場分析を組み合わせることで、開拓すべき市場が見える。
   営業計画と訪問活動を経済動向に合わせると、売上・顧客数が増加する。
   新しい顧客が増えれば、特定顧客のムリな要望に応える必要もない。

 この7大実務は、私が日本電産・永守重信社長に託された大赤字の子会社、日本電産ネミコンと日本電産シバウラを初年度黒字化・2年で売上倍増・経常利益10%の達成の中で培われたものである。

 既存取引だけで今後5年、事業が成り立つほど甘い時代ではない。中小メーカー経営者は、生き残りをかけ、営業力強化に心血を注いでほしい。と、強く、強く、念じている。

 私の人生をかけた「中小メーカー営業強化策」を全て公開する。

中小メーカー専門 再建コンサルタント 川勝 宣昭

東京開催:平成25年10月31日(木)
大阪開催:平成25年10月24日(木)
講師紹介

講師 川勝 宣昭

中小メーカー専門・再建の指導者

小型モーターの分野で破竹の成長を続ける、日本電産・永守重信社長の懐刀として活躍。

日産自動車に入社、南アフリカ日産代表を勤めたのち、日本電産・M&A担当取締役として入社。「すぐやる。必ずやる。出来るまでやる。」という永守氏の薫陶を直に受ける。

永守氏より、買収した赤字子会社、日本電算シバウラ専務、日本電産ネミコン社長として、再建指名を受諾。赴任後たった一年で黒字化し、2年目には売上倍増・経常利益率10%を達成。

独立後、メーカー再建コンサルタントとして「製販を一体化させる16戦略」を指導。今回、多くの中小メーカーを短期間に業績回復させている最重要実務である「営業強化の7大戦略」を指導。

セミナー要項
東京開催平成251031日(木)10301630
東京都 ※お申込者の方にメールで会場をご連絡させていただきます。
大阪開催平成251024日(木)10301630
大阪市 ※お申込者の方にメールで会場をご連絡させていただきます。
ご参加費用1人につき 52千円
(テキスト、資料、昼食代、喫茶代、消費税を含む)
お問い合わせ日本経営合理化協会 担当:三木 亨
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-3
TEL 03-3293-0041 FAX 03-3293-0048
Webでのお申し込みはこちらから
セミナーの内容
日本電産・永守式経営の伝承者が明かす『メーカー営業7大戦略』
2年で経常利益率10%・売上倍増を達成させる製造業の営業力強化策

大赤字を1年で黒字化・2年で売上倍増を実現させた永守流「営業の極意」

■ 日本電産・永守重信社長から叩き込まれた
  「業績を上げ続ける中小メーカー経営者の心得」

 ●買収先30社以上の赤字をたった一年以内に解消した
   日本電産の「社長の営業3訓」とは
 ●「営業プロセスと進捗状況」社長が報告を受けるべき事項
 ●毎月必ず永守氏に聞かれたこと


「営業力強化の7大戦略」2年で売上倍増・取引先の増加こそ生き残りの条件

顧客・市場分析
【1】社長しかできない「顧客の見直し」経済の実態に合った優良顧客に営業力を集中せよ
 ●まず「顧客の数」が減っていないか
 ●今後5年~10年の成長に欠かせない顧客実数の見極め方
 ●自社の顧客別売上の構造が本当に世の中の経済実態に合っているか
 ●不振企業との取引判断
 ●古い付合い、先代の遺産に営業力をどう使うか
 ●自社の顧客で市場を何%押さえているのか

【2】「問題点が掴める顧客分析の手順」自社本位の分析を捨て、経済動向に合わせる方法
 ●総売上に占める既存顧客別の売上分布で問題を読む方法
 ●日本電産式・新規予測の手順
 ●経済の動向に自社売上を合わせる合理的分析手法
 ●工業出荷額と自社売上との比較のやり方

【3】開拓すべき顧客が見える
  「市場見える化マップ」作成のやり方

 ●「社長・管理職・営業マン」3者が
   新規攻略先を、常に共有できる方法
 ●どこに市場のスキがあるのか?
 ●市場のスキが分かる「見える化」法

訪問計画
【4】倒産寸前の会社を、たった一年で蘇らせる秘訣がココにある!「訪問計画の基準」
 ●売上が劇的に上がる「訪問件数」の基準とは
 ●高業績のメーカー営業マンが一ヶ月に回る訪問件数
 ●日本電産・永守社長が30社以上の赤字会社を単年黒字化した
   「たった一つの訪問計画の基準」とは

【5】訪問計画づくりを営業マンに任せるな!社長直轄でやる「訪問計画作成のやり方」
 ●分析結果を訪問計画に徹底的に反映させる方法
 ●「既存訪問」と「新規訪問」の計画バランスが肝

営業活動
【6】人を増やさずに「営業活動を4倍増やす方法」売上2倍を稼ぎ出す精鋭部隊づくり
 ●社長が立てた売上2倍計画達成のカギを握る「情熱・熱意・執念」の営業部隊のつくり方
 ●社長が指示すべき営業活動4倍増のポイント「引き合い率」の上げ方
 ●質問型営業マンの育て方
 ●「訪問件数×受注率×受注単価」の上げ方
 ●川勝氏独自の「営業活動の実行チェックシステム」

【7】「営業活動の週イチ管理が強い営業マンを育てる」
   軌道修正をするために社長が聞くこと


売上倍増・経常10%を2年で達成するための「営業強化」のスケジュールがこれだ

 ●一年で成果が出る具体スケジュール公開 ●日本電産の強化行程 ●毎月の進捗チェック法


お申し込み

製造業の社長として、今やるべき 営業力の強化7大戦略

開催日程参加料 (税込)小計 (税込) お申込み
東京開催
平成25年10月31日(木)10:30~16:30
募集を終了いたしました
大阪開催
平成25年10月24日(木)10:30~16:30
募集を終了いたしました

お申し込み者とご参加者が異なる氏名の場合、また、2名以上のご参加お申し込みをされる場合は、[お申し込み]クリック後のお申し込みフォームにて、ご参加者のお名前を全てご記入ください。

1人につき 52千円
(テキスト、資料、昼食代、喫茶代、消費税を含む)

出演講師の関連セミナー
画像 ページTOPに戻る