社長は、伸びる国“ミャンマー”、最先端“シンガポール”を見よ!
ASEAN統合で、全アジア市場は大きく、近く、巨大となる。


2015年のASEAN統合(自由貿易化)に向けて東南アジアに超巨大市場が生まれつつある。今回は、両極端の代表2か国、大注目の「ミャンマー」最先端国「シンガポール」に行く。

ミャンマーは、資源も豊富、賃金は 中国・タイの5分の1と安く、アジアの新工場国として注目。また、急成長の中国やインドという大国に接し、近隣諸国への物流拠点として利便性が非常に良い。

一方、世界の富と企業、知材を集める企業国家シンガポールは、外資の参入も容易で、アジア進出の第一国として人気である。なにより「6年連続でビジネス環境世界一位」として選ばれた、企業の支援策と経営者に優しい税制がある。

社長は一度、アジア全体を同一経済圏として見て欲しい。日本もアジアの一部だ。今や、ラーメン店も海外展開する時代。先端と開国のASEAN2か国を同時に見る今回の視察は、社長としての商売の考え方や視点・今後の展開を変えるだろう。あたな次第で無限の成長市場は、すぐ近くにある。

≪ミャンマー入国にはビザ発行が必要なため、余裕を持ってお申込みください≫

会期:平成24年11月6日(火)~12日(月)  5泊7日
 
中博の視察は、事業家に元気と勇気を充電する!
講師紹介

視察団長 中 博(なか ひろし)

[社長の名参謀] 経営コンサルタント

松下幸之助の愛弟子として活躍した後、経営コンサルタントとして独立。中小・零細企業の経営顧問から、名だたる企業の相談役もこなす。

政財界にも深いパイプがあり、卓越した先見眼と経営ノウハウで多くの経営者から慕われる。昭和20年生まれ。

セミナー要項
出発116日(火)~12日(月) 57
羽田集合、シンガポール経由ミャンマー・ヤンゴンへ
(SQ635便6:35羽田発→ヤンゴン15:45着)
 ↓
ミャンマー、シンガポールを視察(5泊7日)
定員最少催行人数 15名 最大30名まで
※ミャンマー入国にはビザ発行が必要なため、余裕を持ってお申込みください。
ご参加費用視察研修費/羽田発 695,000
※別途:燃油サーチャージ、海外空港税(エコノミー)、諸税がかかります。

※参加料に含まれるもの
・羽田発着エコノミー航空運賃・ホテル代(個室)・食事代(一部)
・視察費用・団体行動中の諸費用

※参加料に含まれないもの
・ビジネス追加料金350,000円(7/12現在)
・別途燃油サーチャージ29,000円(7/12現在)・海外空港税、諸税
・現地ドリンク代

※旅行に関する詳細につきましては、JTBよりご案内申し上げます。
※視察先は、現在交渉中のものもあり、予告なく変更になる場合がございます。


旅行主催/(株)JTB法人東京
163-1066 東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー27F
TEL:03-5909-8102 FAX:03-5909-8110
(国土交通大臣登録旅行業第1767号 (社)日本旅行業協会正会員)
日程11月6日(火)  ミャンマー・ヤンゴン(羽田発6:35)
11月7日(水)  ミャンマー・ヤンゴン
11月8日(木)  ヤンゴン・シンガポール
11月9日(金)  シンガポール
11月10日(土) シンガポール
11月11日(日) シンガポール
11月12日(月) 羽田 (羽田着 05:20)
お問い合わせ日本経営合理化協会 担当:坂上公太
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-3
TEL 03-3293-0041 FAX 03-3293-0048
Webでのお申し込みはこちらから
セミナーの内容
経営の名参謀と行く社長のための7日間
 生産・工業・車・医療・建設・IT・個人消費・人口…これからドンドンと伸びる国
 アジア注目の“ミャンマー・シンガポール”で、今後の事業を考える!


■《ASEANを知ることが重要》

海外に出ずに日本国内で商売をする企業も世界に販路を求める企業も、アジア一帯を同一経済圏とする(ASEAN)を知らなければならない。

社長は、人から聞いただけの情報で経営を進めると、自社を間違った方向に導きかねない。自分の目で感じることが重要だ。


 ●彼等はどんなレベルに進化しているのか
 ●日本からはモノは売れないかな?
 ●現地法人化の可能性はあるのか?
 ●我らにあって、彼等にないものを磨く!
 ●組んで何か出来ないのか?
 ●仕入先としてはどうか?
 ●これからの日本での商売は?

 ●我社の方向性は?
 ●海外が求めるモノは、どんなものか?


これらを視察を通して考える会にしたい。社長同士、経営を話し合う視察としよう。
夜は大いに遊んでいただきたい。

団長:中 博(なか ひろし) 


【1】 11月6日(火) ミャンマー・ヤンゴン

◇集合:羽田国際空港にて結団式
 羽田→シンガポール経由ミャンマー・ヤンゴンへ SQ635(6:35発→ヤンゴン15:45着)

 『アジアの中の日本』  中氏ヤンゴン特別レクチャー


【2】 11月7日(水) ミャンマー・ヤンゴン

日本企業が注目する『ミンガラドン工業団地』視察
 すでに進出している日系企業(アパレル工場)視察
 ミャンマー活用セミナー/日本商工会議所との懇親会


【3】 11月8日(木) ヤンゴン・シンガポール

日本の中古車が10倍で売られている中古車会社視察
 ヤンゴン市内(最新ショッピングセンター)視察

 SQ5017(16:40)にてシンガポールへ(21:15着)


【4】 11月9日(金) シンガポール

 シンガポールで物流・情報業など数社を創業。シンガポールを拠点に8ヶ国16都市で展開。
 売上42億円(円換算)の会社。
 クラウンライン・グループ CEO森氏の会社視察など3社


【5】 11月10日(土) シンガポール

 世界の富裕層が口座を開設!バンク・オブ・シンガポールで活躍する
 日本人プライベートバンカーによるお金のレクチャー。
 日本人IT会社・会社設立相談など3社視察


【6】 11月11日(日) シンガポール

日本の飲食店の現地化アレンジを視察
 『一番亭』現地法人責任者によるレクチャー…など


【7】 11月12日(月) 羽田

 11日(日)SQ636(21:50)にて帰国

 羽田着(05:20) ※月曜日はフルに仕事ができます



お申し込み

今、最も注目の国 ミャンマー・シンガポール視察 5泊7日

開催日程参加料 (税込)小計 (税込) お申込み
11月6日(火)~12日(月) 5泊7日
募集を終了いたしました

お申し込み者とご参加者が異なる氏名の場合、また、2名以上のご参加お申し込みをされる場合は、[お申し込み]クリック後のお申し込みフォームにて、ご参加者のお名前を全てご記入ください。

視察研修費/羽田発 695,000
※別途:燃油サーチャージ、海外空港税(エコノミー)、諸税がかかります。

※参加料に含まれるもの
・羽田発着エコノミー航空運賃・ホテル代(個室)・食事代(一部)
・視察費用・団体行動中の諸費用

※参加料に含まれないもの
・ビジネス追加料金350,000円(7/12現在)
・別途燃油サーチャージ29,000円(7/12現在)・海外空港税、諸税
・現地ドリンク代

※旅行に関する詳細につきましては、JTBよりご案内申し上げます。
※視察先は、現在交渉中のものもあり、予告なく変更になる場合がございます。


旅行主催/(株)JTB法人東京
163-1066 東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー27F
TEL:03-5909-8102 FAX:03-5909-8110
(国土交通大臣登録旅行業第1767号 (社)日本旅行業協会正会員)

出演講師の関連セミナー
画像 ページTOPに戻る