【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…35講師登壇、経営者700名が集う3日間 

若林流 投資の5大鉄則

■時価総額300億円超
個人投資家の売買では株価は動かず、急な倒産もない安心規模
ROE(自己資本利益率)7%以上
複利で運用すれば10年で倍になるほどの効率的経営
 PBR(株価純資産倍率)1.0倍以下
時価総額が純資産を下回るほどの過度な低評価
予想配当利回り2.0%以上
10年物国債がほぼ1%の時代にその倍以上の配当で株主還元
平均売上高成長率5%以上
不況下でもしっかりと売り上げを伸ばして成長する経営努力


 初来日した〝投資の神様〟W・バフェット氏も「日本企業は買いだ」と。

 一代で4兆円超の個人資産を築いたウォーレン・バフェット氏は、震災直後から「これで日本が売られるなら最大の投資チャンス」と言い続け、先日、初来日して自身が投資した工具メーカーの式典に出席。再び「日本は復活する、まだまだ買いたい株がある」と強調した。

 事実、東日本大震災や原発事故、超円高、タイの洪水・オリンパス問題…これだけ悪材料に見舞われているにもかかわらず、日本企業は強い。 新興国市場の開拓などで150社超の企業が、12年3月期決算で経常最高益を更新する見通しだ。

 日本企業は豊富な現金を抱え、収益向上もめざましい。2社に1社が実質無借金だ。超円高を活用して、海外企業の買収にも極めて意欲的だ。不安の連鎖から株価は低迷しているが足元の業績は順調だ。

 日本企業の底力は健在である。必ず株価は甦る。
 過去の経験からパニック売りが損失のもとである。

 企業の「解散価値」と呼ばれる株価純資産倍率(PBR)が1倍を下回っている企業が7割にも及ぶ。この数値こそ、底値メドが示されていると言っても過言ではない。日経平均5000円説などあり得ない。

 相場の上げ下げに一喜一憂せず、確実に、そして着実に儲け続ける投資手法を〝長期投資の達人〟若林利明氏に伝授いただきます。 時代をリードしてきた氏の投資理論を会得され、賢く儲けていただくため5年連続で開催いたします。
会期:平成24年2月開講
全5講(2ヶ月に1回)
講師紹介

塾長 若林 利明

日本個人投資家協会 日本株式講座担当

“黒い目の外国人投資家”の代表格。独自の投資手法と選択眼で、多くの投資家から注目されている株式投資のプロ中のプロ。

投資経験35年。外資系・国内系の大手運用会社で数千億円規模の運用を任され、独自の分析手法と先見力で、常に、確実に収益を上げ続ける。外資系では欧米の企業年金などの機関投資家から、国内系では日本の機関投資家から。国内外の機関投資家の行動パターンを知り尽くした男。

 1947年生まれ。73年明治大学大学院経営学研究科修士課程修了。フィデリティ投資入社。証券アナリストを経ファンドマネージャー。クレデイスイス投信・三菱UFJ投信などを経て、06年独立。日本個人投資家協会 日本株式講座担当。

セミナー要項
会期・会場平成242月開講 全5講(2ヶ月に1回)
1回 222日(水)PM2:00500
2回 418日(水)PM2:00500
3回 620日(水)PM2:00500
4回 912日(水)PM2:00500
5回 1114日(水)PM2:00500
東京都 ※お申込者の方にメールで会場をご連絡させていただきます。
定員15名限定 (先着順にて〆切らせていただきます)
ご参加費用33万円(全5回)※テキスト・喫茶、消費税を含みます
お問い合わせ日本経営合理化協会 担当:熊谷聖一
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-3
TEL 03-3293-0041 FAX 03-3293-0048
Webでのお申し込みはこちらから
セミナーの内容
■今が底値!『安すぎる日本株』を買え

「大激動の2011年」を経て、いよいよ始まる新トレンド

●世界のお金持ちはどこに投資しているのか
●2012年の世界経済を左右する4つのテーマ
●2012年までにQE3発動か
●余剰ドル・余剰ユーロ・余剰円の行き先



イタリア国債・ギリシャ国債は紙クズに!
日本国内のイタリア国債保有額は5兆7000億円

●「国債危機」は欧州金融大手を直撃 ●スペイン・ポルトガルも続く
●次は日本国債の番 ●市場に狙われたら、即アウト
●金利1%上昇で6兆円もの評価損


「超円高・超株安」ニッポン 何が起きているのか、を読み切る

●1ドル50円、日経平均5000円時代到来は本当か?
●投機筋が空売り攻撃  ●国債暴落の条件と3つのシナリオ
●企業は栄えても、国民は潤わない ●超円安に逆噴射する日


株で巨万の富を築いたカリスマたちの投資法

●株価を追うか、企業をみるか、割安感か、成長性に賭けるか ●マクロゲームに勝てる銘柄
●その株本来の価値を計算し、価値より安い銘柄を持ち続ける ●投資理論の基本4種型


株は科学!勉強すれば、儲かるようにできている
若林流投資の5大成功法則

■時価総額300億円超
個人投資家の売買では株価は動かず、急な倒産もない安心規模
ROE(自己資本利益率)7%以上
複利で運用すれば10年で倍になるほどの効率的経営
 PBR(株価純資産倍率)1.0倍以下
時価総額が純資産を下回るほどの過度な低評価
予想配当利回り2.0%以上
10年物国債がほぼ1%の時代にその倍以上の配当で株主還元
平均売上高成長率5%以上
不況下でもしっかりと売り上げを伸ばして成長する経営努力

株よりも企業を買う!銘柄選びの基本鉄則
いつ買うか、いつ売るか、株価の変化日を知り、目標値を決める方法
資本利益率の高い企業をずっと保有し続ける投資法
超成長株に共通する法則を発見し、投資するやり方
市場の不人気株、落ち込んでいる実力企業で儲けるやり方
企業業績を最優先に投資するやり方
季節性や法則を見極めて、相場の波に乗る投資法
 


毎講義5~10の有望銘柄を具体解説、買い方・売り方を特別伝授

お申し込み

『安すぎる日本株』を買え!株式投資必勝塾

開催日程参加料 (税込)小計 (税込) お申込み
平成24年2月開講 全5講(2ヶ月に1回)
募集を終了いたしました

お申し込み者とご参加者が異なる氏名の場合、また、2名以上のご参加お申し込みをされる場合は、[お申し込み]クリック後のお申し込みフォームにて、ご参加者のお名前を全てご記入ください。

33万円(全5回)※テキスト・喫茶、消費税を含みます

出演講師の関連セミナー
画像 ページTOPに戻る