会社を上場させることなく『数億~20億』の現金を手にする実行手順と対策

私の指導先で、事業承継に立ち会い、自信をもって「退職金は5億で…!」と診断しアドバイスをするのですが、多くの会社で、「ウチにはそんなお金が…」「税務署がNo」「銀行が何というか?」親族も顧問の税理士も反対し、強く「できません!」と言います。

でも、これまで私は数多く実行し、実際に昨年は最高22億払ったケースもあります。
 更に新しい会社法で発行可能になった「種類株」を駆使し、オーナーの「真の悩み」も解決する「黄金株」活用の承継対策も実践しています。同業者では、マネのできない「究極の対策」と自負しています。

複雑な金融商品の節税策より、じっくり時間をかけ、短くても5年計画で《承継と税問題》を両立させることこそ、オーナーの最大の務めです。

東京会場(明治記念館):平成30年3月7日(水)
大阪会場(帝国ホテル大阪):平成30年3月13日(火)
講師紹介

講師 井上 和弘

アイ・シー・オーコンサルティング 会長

コンサルタント指導歴46年。豊かな会社づくりと強い財務基盤の戦略では、我国屈指の実力派。
後継者教育にも生涯を賭し、氏の薫陶を受けた二代目・三代目社長は500名を越える。
著書「儲かるようにすべてを変える」「会社を上手に任せる法」他多数.

実務指導 「種類株」発行担当 古山 喜章

アイ・シー・オーコンサルティング社長

井上氏と共に、中堅・中小企業の現場のウラのウラを知り尽くし、人事労務、銀行交渉、自社株対策財務強化の指導等で抜群の実績を残す。
著「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」他

実務指導 高額退職金担当 福岡 雄吉郎

アイ・シー・オーコンサルティング 主任コンサルタント 公認会計士

名大卒後、中堅監査法人へ入社し、中小から1000億を超える企業の監査に従事。現在、オーナー経営者の高額退職金支給、M&A等の指導で東奔西走。
著「決算書で面白いほど会社の数字がわかる本」


井上和弘氏の著書
「承継と相続 おカネの実務」
2016年11月刊


 

 

A5判 本文392 ページ
詳細は弊会AV局ホームページ
http://www.jmca.jp/
¥12,960
送料450 円

 

セミナー要項
東京会場平成3037日(水) 10:3016:30
東京都 ※お申込者の方にメールで会場をご連絡させていただきます。
大阪会場平成30313日(火) 10:3016:30
大阪市 ※お申込者の方にメールで会場をご連絡させていただきます。
ご参加費用1名様につき53,000円(昼食・税込)
※3~4名の場合49,000 円 ※5名以上の場合47,000
※同族経営陣
会長・社長・後継候補者・社長夫人・顧問税理士・弁護士…の同行聴講を
お薦めいたします。参加費用は…お一人様(税込み
お問い合わせ日本経営合理化協会 担当:作間信司
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-3
TEL 03-3293-0041 FAX 03-3293-0048
Webでのお申し込みはこちらから
セミナーの内容

オーナー経営者一族が実行すべき≪承継と相続、おカネの実務≫

 社長が55才~60才になったら、承継対策を10年かけて、じっくり実行しなければなりません。巨額の相続税も、骨肉の後継争いも先送りが、最大の原因となります。

 『会社の良き承継は、生前対策で90%決まります』

 社長なら誰でも、儲かる会社にすればする程、資産は増え、自社株が高騰し、億単位の税金で後継者が長年苦労することを知っていますが、着手、実行できず悩んでいます。

 ましてや、後継社長(息子)からは切り出せません。

 そこで今回、平成18年(2006年)の会社法の改正で使えるようになった「種類株」を弁護士、税理士の専門家と研究を重ね非上場のオーナー企業の承継と相続に活かす、他ではなかなか実行できない「究極の対策」として、数多くの成功事例で実証しました。
 会長、社長はもちろん、奥様、後継一族、顧問税理士が一緒になって聴講して下さい。親族の一致協力が『会社もオーナー個人』も守ります。

(株)アイ・シー・オーコンサルティング 会長 井上和弘


オーナー経営者が『人生で一度だけ手にできる』ビッグチャンス!

■上場しないで「数億円~20数億円」! 高額退職金と承継対策の実務

●新しい会社法( 06年以降~)で相続対策がガラリと変わった ●外部ブレーン活用
●一族の「承継スケジュール表」作成と意思決定 ●「相続税ゼロ」への10年計画
●巨額の税金から「会社」も「後継者」も守る ●税務署対策とエビデンス主義

5年~10年かけて、万全の対策を打つ 税務調査・銀行対策の急所

●オーナー一族の意思統一 ●争族の未然防止 ●オフバランスで純利益を削る
●「高額退職金」支払い後の会社の資金繰り対策 ●退職後の待遇

譲る側・譲られる側が押えるべき《継承と相続》の基礎知識

銀行、税理士が勧める対策は、対策になりません!

●税理士は、なぜ相続対策のシロウトか!? ●持株会社の設立による節税対策が否認されている
●相続時精算課税のデメリット ●使いづらい事業継承税制

役員退職金規定の見直しと退職金算出のやり方

●今の退職金規定だといくら払えるか? ●否認(損金不算入)されやすいケース
●過大退職金でも退職金の優遇税制は受けられる

【対策1】3億~5億円の高額退職金

中堅・中小企業でも充分取れる!

(1)社長が一生を賭けた優良企業の退職金は安すぎる!未上場で最高20億のケースも
●我社は一体、いくら払えるか? ●準備に3年~5年 ●代表権の交代と支給時期

(2)「高額退職金」支給への反対意見の押え方
●顧問税理士、税務署対策 ●規定見直し
●現金の準備、銀行協力の取りつけ方 ●自社株価格の急落

(3)「少人数私募債」活用で「会社」も「オーナー個人」も得する
●退職後の収入確保 ●まだいける!源泉分離20%

【対策2】自社株・名義株の承継対策

後継社長へ支配権集中のさせ方

(1)分散した「自社株」が将来の後継争い、骨肉の同族争いの最大原因、その対策
●自社株集中の鉄則 ●名門企業に多い名義株の処理 ●兄弟姉妹間の買い取り対策

(2)「自社株」価格の引き下げ具体策と後継社長への有利な売却の仕方
●事業規模別、株価引き下げ策 ●10通りの対策 ●不況、赤字決算こそチャンス

【対策3】「種類株」「黄金株」の最新対策&わずか1株で全社支配する究極の承継策

(1)譲る側(先代・会長)が安心して承継対策に着手できる最新手法とは?
●オーナーのホンネのホンネ「悩み」 ●オーナーが握る「最強の切り札」

(2)今、発行できる「9つの種類株式」と承継対策活用策
●発行の条件と手続きの実務手順

(3)拒否権付株式(黄金株)と取得条項付株式を使った究極の仕組み
●非オーナー株主の活用 ●税法改正前の実行を! ●ホールディング会社設立

お申し込み

「事業承継とお金」の実務

開催日程参加料 (税込)小計 (税込) お申込み
東京会場
平成30年3月7日(水) 10:30~16:30
¥53,000 名様
大阪会場
平成30年3月13日(火) 10:30~16:30
¥53,000 名様

お申し込み者とご参加者が異なる氏名の場合、また、2名以上のご参加お申し込みをされる場合は、[お申し込み]クリック後のお申し込みフォームにて、ご参加者のお名前を全てご記入ください。

1名様につき53,000円(昼食・税込)
※3~4名の場合49,000 円 ※5名以上の場合47,000

出演講師の関連セミナー
画像 ページTOPに戻る