社長にとって税金は、「払うもの」ではなく「減らすもの」です。適正な減らし方さえ知っていれば、本来、支払わなくて済む会社の大切なお金です。にもかかわらず、

 多くの企業が、目まぐるしく変わる税制に対応できていません。税理士・専門家でさえ「最新の節税」「優遇税制」を社長に提案できない。そもそも知らないケースがほとんどです。

 そこで今回、社長自ら押さえておいていただきたい、「来年の税制改正のポイント」、「今後の増税と納税負担の減らし方」、「最新・適正な節税策」を指導します。

 ■社長が知るべき「2018年度 税制改正のポイントと対策」
 ■法人税、相続税、所得税…税目別「来年の税金の減らし方」
 ■使える新・優遇税制
 ■今から備えておくべき増税は?
 ■自社に払い過ぎ、減らせる税金は無いか?を総点検

 これらを社長が知っていれば、税金は必ず減らせます。当日は、 来年の税制改正大綱が決定するタイミングだからお話しできる、最新・最速の税金情報を全てお伝えします。あとは自社で顧問税理士・担当者に実行を指示するだけです。

会期:平成29年12月21日(木)
講師紹介

講師 落合 孝裕

税理士・落合会計事務所 所長

 「税務、会計、融資、相続…会社と社長個人の税金バランスをトータルで支援。社長に最も有利な税金対策を実現する税務の専門家。顧客数は250件以上。

 社長の立場に立った、わかりやすい税務対策の提案で「資金繰りがラクになった」「多額の還付金がもらえた」「低金利の融資が受けられた」「税務調査の修正税額を10分の1に圧縮できた」…など、多くの経営者・資産家の厚い信頼を得ている。

 著書『「会社の税金」「社長の税金」まだまだあなたは払い過ぎ!』『ポイント早わかり減る税金 増える税金』『相続と節税のキモが2時間でわかる本』…
など。弊会から「社長の節税」CDを発刊。

セミナー要項
会期・会場1221日(木)10301700
東京都 ※お申込者の方にメールで会場をご連絡させていただきます。
ご参加費用1名につき53千円(税込)
※テキスト、資料、昼食、喫茶等含みます
お問い合わせ日本経営合理化協会 担当:木村仁
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-3
TEL 03-3293-0041 FAX 03-3293-0048
Webでのお申し込みはこちらから
セミナーの内容

税金の払い過ぎはないか?減らせる税金は無いか?を1日で総点検
これを知らないと支払わなくて済む多額の税金を納めることになる!

 必ず知っておくべき「来年の税制改正のポイントと節税のやり方」


目まぐるしく変わる税制も、社長自ら備えておけば必ず減らせる!
  ●これだけは知っておきたい「税金の仕組み」と「節税の基本」
  ●2018年度(最新)税制改正の傾向と対策
  ●今おススメの「優遇税制」は何か?
  ●多くの企業が間違う「会社をダメにする節税」と「会社を強くする節税」
  ●法人税、所得税、相続税…手元のお金を最大化する「会社と個人の資産バランス」

 

知らないは危険!税制改正で使えなくなった節税、新設された節税
  ●「適正な節税」は〈納税期限の延期〉〈法で定められた節税〉〈法の穴をつく節税〉の3つ
  ●惑わされるな!流行っていても、実はすでに法の網にかかっている危ない節税策
  ●来年おすすめの節税策
  ●中小企業の利益アップに直結する「新・特例」の使い方

 

 自社に税金の払い過ぎは無いか、減らせる税金は無いかを総点検!


税金の払い過ぎのムダは1円でも減らす!万全な「社長の税金対策」
  ◎まず「節税チェックリスト(2018年版)」で、税金の払い過ぎが無いかを総点検
  ◎各省庁の「税制改正要望」で来年以降の税制改正にも備えておく、そのやり方
  ◎安倍政権、黒田総裁(金融庁)の方針
  ◎税務署は来年、どこを重視してくるか?

 

(1)【法人税・消費税を減らす】会社の資金繰りを楽にする実務
  ●法人税、消費税、事業税、印紙税、中小法人税制…改正のポイントと対策
  ●4月からリニューアルした「即時償却」、「中小企業経営強化税制」の賢い使い方
  ●迫る消費税増税に今から備える
  ●「最終仕入原価法」で在庫を減らす法
  ●保険金、損金の賢い計上時期
  ●新会社、関連会社、保険の最新・活用術…
 
(2)【所得税を減らす】2018年は所得増税、社員と社長個人の節税実務
  ●来年1月から実施、配偶者控除の引き上げと対策
  ●採用に有利な社員のための節税
  ●会社は節税、社員は手取り増の「誰も損しない税制」
  ●福利厚生を使った新節税
  ●払い過ぎを取り戻す「確定申告のポイント」
  ●土地、不動産にかかる税金を減らす法

(3)【相続税・贈与税を減らす】家族と後継者を守る最新実務
  ●社長が現役の内にやる相続対策の進め方
  ●「節税・財産分割・納税資金」の3大実務
  ●相続と贈与、どちらが得かの判別法
  ●見落としがちな「家族名義の預金」の取り扱い
  ●株価計算法の改正で自社株はどうなった?
  ●トランプ相場で有効な贈与による節税
  ●家族と後継者を守る「公正証書」「自筆証書」
  ●中小企業の優遇税制」を使った節税

  ※当日は、使える最新実務をお伝えするため、12月中旬に公表される
   税制改正大綱にあわせて、一部の講義内容を変更させていただく場合がございます。

 

 

お申し込み

社長の税金 これを知っておかないと損をする!

開催日程参加料 (税込)小計 (税込) お申込み
12月21日(木)10:30~17:00
¥53,000 名様

お申し込み者とご参加者が異なる氏名の場合、また、2名以上のご参加お申し込みをされる場合は、[お申し込み]クリック後のお申し込みフォームにて、ご参加者のお名前を全てご記入ください。

1名につき53千円(税込)
※テキスト、資料、昼食、喫茶等含みます

出演講師の関連セミナー
画像 ページTOPに戻る