■「米国第一主義」「徹底した保護経済」が世界に与える影響
■加速する世界的デフレとポピュリズムの時代
■トランプ相場《天井とターニングポイント》
■米国の製造大国回帰。為替、輸出、関税…日本企業への打撃
■トランプ旋風!!《躍進する企業と衰退する産業》
■TPP決裂で変わる《自動車、メーカー、農業…》の未来

米国の保護主義政策。世界の経済バランスは大転換へ

TPP離脱、40%を超える関税の実施、中東諸国の入国制限、移民排除、国境の壁建設…。トランプ大統領が掲げる保護主義政策で世界経済は大転換期に突入した。槍玉に上げられた日本も多大な影響は免れない。

さらに、米国との仲を縮めるロシア、軍事力を拡大する中国、崩壊前夜のEUと何が起きてもおかしくない経済情勢が世界を包み、日本経済に影を落とす。

想像を絶する事態が起こるいま、経済の流れを正しく掴み、最悪のシナリオを想定し、いち早くに手を打たなければ、社長自身取り返しのつかない損害を出してしまう。

そこで本会では、各界の第一人者5氏を招き、今後の経済動向をズバリ指導。社長の経営判断や投資判断、資産防衛に欠くことのできない、最新情報を緊急提示します。

会期:平成29年4月14日(金)
講師紹介

講師 佐藤 優

作家
元外務省主任分析官


《歴史学と地政学で国際情勢の本質を鋭く分析》
外務省時代、対露外交で活躍。地政学、歴史、経済利益が複雑に絡む世界情勢を、類稀な知見で本質を直言。『国家の罠』『資本主義の極意』『自壊する帝国』…著作多数。生きる知性として、氏の見識の評価は厚い。

講師 水野 和夫

法政大学教授

《経済危機の根源を探り当てた最も注目の論客》
世界のデフレ化、ポピュリズム転換をいち早く予測。脱グローバル、保護主義、ナショナリズム…変貌する世界を鋭く読み、資本主義の終焉から新たな経済を提言。三菱UFJ モルガン・スタンレー証券チーフエコノミストを経て、政府要職を歴任。

講師 高橋 洋一

嘉悦大学教授

《歴代内閣を支えた政策ブレーン》
小泉・安倍内閣の改革司令塔として活躍した我が国屈指のブレーン。「ふるさと納税」「ねんきん定期便」と多数の政策を提案、実現。07年には財務省が隠す国民の資産『埋蔵金』を公表し脚光を浴びる。元金融庁顧問。

講師 幸田 昌則

ネットワーク88 代表

《資産家が信頼する稀代のアナリスト》
リクルート社「住宅情報」誌の創刊責任者を歴任。バブル崩壊前89年発表の「関西圏から不動産価格が大幅に下落する」は波紋を呼び、その後、予測の正確さを実証。的確な予測と助言に多くの支持者を有する、業界の第一人者。

講師 深谷 幸司

FPG証券代表取締役

《顧客投票5年連続一位。マーケットの貴公子》
三菱銀行、ドイツ証券、クレディスイス証券にて、為替ストラテジスト等を歴任。ユーロマネー誌日本版東京外国為替市場調査にて、5年連続長期予測部門1位に選ばれる。為替相場分析歴25年。

セミナー要項
会期・会場2017414日(金) 10:0017:30

東京都 ※お申込者の方にメールで会場をご連絡させていただきます。
定員※席に限りがありますので、お早めにお申込ください
ご参加費用一名につき64,000円(税込)
(テキスト、資料、昼食、喫茶等を含みます)
お問い合わせ日本経営合理化協会 担当:金森大介
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-3
TEL 03-3293-0041 FAX 03-3293-0048
Webでのお申し込みはこちらから
セミナーの内容
10:00-11:10  日本経済、企業経営

限界達した20世紀型資本主義。新しい経済システムへの挑戦
《警鐘とチャンス》バブル多発時代の企業経営

■「バブルのツケをバブルで支払う」、最後の大相場が始まる

●ダウ史上最高値。トランプ相場を仕掛ける、「資本主義の亡者」ウォール街の狙い
●世界に蔓延する「かりそめの成長」 ●資本主義「最後の勝者と敗者」
●資本を喰い荒らしたグローバリズム ●米国の出口戦略=バブルの清算

■ババを引くのは誰か…始まったトランプゲーム

●最後にバブルのツケを払わされるのは、日本なのか
●英EU離脱、トランプ大統領誕生…世界が選んだ保護主義の衝撃

■トランプ政権誕生はすべての始まりにすぎない

●資本主義の矛盾と日本の未来 ●金融緩和の限界と迫る経済危機

11:30-12:30  住宅、不動産

不動産融資額、過去最高更新!実需か、虚構か…
バブル越え相場の最新《不動産市況》

■ババ抜き相場突入か?!加熱する不動産《最新動向》

●融資残高86兆!膨れ続ける不動産市場に訪れる未来
●転換告げる「不動産投資と東証REIT指数」 ●驚きの賃貸マンション空室率
●マイナス金利で変わった不動産戦略 ●警告発す金融庁レポート

■《地価・戸建・賃貸・マンション》最新需要予測

●「実需と虚構」の値上がり相場 ●オリンピック、地方転居の流れ
●加速する2極化 ●戸建て・マンション最新「成約価格」推移

■これから《不動産価格・賃料》はどうなるか

【追加登壇決定】13:30-14:40  国際情勢、経済、地政学

《智の巨人=佐藤 優》歴史的大転換の深層を読む
トランプは世界をどう変えるか

■日米同盟、経済政策、世界の新勢力図…変貌の未来像を直言

●トランプ以後の世界を見極める「3つの視点」
●インテリジェンスでみるトランプ現象
●安倍首相との仲 ●変わる経済政策 ●外交と国防 ●日本への圧力

■北方領土、尖閣、北朝鮮…地政学リスクと経済

●変わるアメリカの敵 ●日本を守るのは日本
●隣国の侵略戦略 ●地政学と経済、貿易の関係 ●日露関係の変化

■転換する世界で、日本は新世界の雄となる

●世界一グローバル化していない日本の優位 ●島国、単一民族
●新世界を拓く技術力 ●日本人の民度と品位 ●海洋国家の利

15:00-16:00  為替、金利、株式

長期予測部門【5年連続 第一位】深谷幸司が読み解く
乱高下必死《激動の為替・株式相場》最新予測

■はじまったトランプ保護主義で、為替は一大転換期へ

●もみ合い相場一転。ドル円、今後の展開 ●為替「一強時代」へ突入か
●沈みゆくユーロ。G3通貨「三すくみ」から次の展開へ
●トランプリスクと短期、中期相場 ●中東情勢の影響

■《世界総リスク時代》の円相場を読む

●不透明な欧州経済、過激なトランプ…展開次第で円は暴騰
●限界みえる「日欧金融緩和」 ●各国金利差と為替への相関

■迫る天井と転換点《株式、金利》最新動向

16:20-17:30  世界経済、米国経済、景気、産業

実業家大統領が描く、「自国利益最大化」の驚愕政治とその影響
《保護主義トランプ政権》とこれからの日本

■「ディール」を信条とした、新しい政権運営。米国の未来地図

●実業家出身ならではの利益優先政策 ●トランプ大統領が仕掛ける様々な取引
●ささやかれる「トランプとレーガン」共通点 ●徹底した保護貿易 ●重関税の復活
●米露関係の修復と新たな経済包囲網 ●日米安保。国防、軍事が取引材料となる

■《米国第一主義》が、世界の経済バランスを壊す

●自国利益最大化へ ●対中国、45%関税 ●石油掘削量拡大
●OPECから独立 ●TPPに変わる「日米二か国間協議」

■槍玉に上がる日本。訪れるリスクとチャンス

●徹底した保護主義が日本企業に与える影響 ●新たな経済摩擦

※当日は、最新情報をお話しいただきます。情勢の変化により講演内容が変更となる
  場合がございます。また本会の録音・録画は著作権の関係から堅くお断りを致します。
お申し込み

【2017年4月期】【緊急開催】トランプ政権で変わった「日本の成長シナリオ」 どうなる日本経済

開催日程参加料 (税込)小計 (税込) お申込み
2017年4月14日(金) 10:00~17:30
募集を終了いたしました

お申し込み者とご参加者が異なる氏名の場合、また、2名以上のご参加お申し込みをされる場合は、[お申し込み]クリック後のお申し込みフォームにて、ご参加者のお名前を全てご記入ください。

一名につき64,000円(税込)
(テキスト、資料、昼食、喫茶等を含みます)

出演講師の関連セミナー
画像 ページTOPに戻る