【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…35講師登壇、経営者700名が集う3日間 

リーマンショック後、利益倍増させた日本を代表するメーカー
日本電産・永守社長から直伝『利益を出す4大実務を初公開』

日本電産の永守重信社長は、市場単価が毎年10%は下がることを、想定して、全ての経営を指揮している。この危機感が全社に浸透しているからこそ、深刻な危機が来ても、かならず利益を出せる。これは、永守社長の間近で、薫陶を受け続けた、私の実体験である。

事実、08年のリーマンショック直後、日本電産も四半期ベースで売上半減。即座に永守社長は「売上が半減しても、利益を出すコスト体質の会社にすれば、売上が元に戻ったら、利益は倍増する」という、永守理論を即実践。

その結果、翌年も黒字を維持、その後も数々の危機を乗り越え、現在では見事に、利益倍増を果たしている。

当時、私は日本電産が買収した赤字会社2社の社長として、永守式の儲かるメーカー経営を実践。2社とも、一年で経常利益率10%を達成。

今回、その経験から培った日本電産式の「利益強化のやり方」を、4大実務に体系化しました。

(1)永守流『どんな状況でも利益を出す社長になる日本電産3鉄則』
(2)年間で総コスト30%ダウンを達成する「コスト管理のやり方」
(3)社長しかできない「利益の出し方」市場と顧客の見直し方法
(4)永守社長に言われ続けた「利益を出す社長の10大金言」

これは、私が日々、中小メーカーの指導先で高い実績を上げ続けている社長のための「利益強化のやり方」です。

今後、長期的には人口減少による需要減退、短期的には東京五輪後の景気後退に今から備え、10年先も隆々と利益を上げ続けるための、製造業の社長に必須の実務です。

会期:平成28年11月22日(火)
講師紹介

講師 川勝 宣昭

(元)日本電産ネミコン 代表取締役
(元)日本電産シバウラ 専務取締役


 日本電産・永守重信社長から直接指導を受け、赤字子会社を次々再建。赴任後たった一年で黒字化し、2年目には売上倍増を達成。
 日産自動車に入社、広報渉外課長、企画室次長、中近東アフリカ事業本部長、南アフリカ日産代表を歴任。その後、日本電産に転じ「すぐやる。必ずやる。出来るまでやる。」永守式経営にどっぷり漬かり、その真髄を身体で体得。
 日本電算M&A担当取締役、日本電産シバウラ専務、日本電産ネミコン社長として、経営再建を果たす
 中小メーカーの経営再建を社長として指揮した経験を活かし、コンサルタントとして独立。営業部門と生産部門を同時に指導できる数少ない実力コンサルタント。

関連サイト:DANTOTZ Consulting

セミナー要項
会期・会場20161122日(火) 10:0017:00

東京都 ※お申込者の方にメールで会場をご連絡させていただきます。
ご参加費用一人につき54,000
(テキスト、資料、昼食代、喫茶代、消費税を含む)
お問い合わせ日本経営合理化協会 担当:三木 亨
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-3
TEL 03-3293-0041 FAX 03-3293-0048
Webでのお申し込みはこちらから
セミナーの内容

日本電産・永守重信社長から直伝『利益強化の4大実務』
リストラ無し、たった一年で経常利益率10%を達成させる利益拡大法

利益強化の実務(1) どんな状況でも利益を出す社長になる『日本電産の社長3鉄則』

■日本電産・永守重信社長から叩き込まれた「中小メーカー利益強化のポイント」

●買収先40社の赤字を一年以内に解消した日本電産の「利益を生むための社長の行動3訓」
●「利益を生む経営指標」社長が報告を受けるべき事項 ●毎月必ず永守氏に聞かれた経営視点

利益強化の実務(2) 永守式【コスト管理のやり方】年間総コスト30%ダウンのやり方

■社長がここさえ見ておけば「たった1年で総製造原価30%減」は必ず実現できる

●工場長の意見に惑わされない「原単位管理」とは ●お金になる時間は一日の何%で合格か
●間接人員の人件費への切り込み方 ●月4回の社長チェックで必ず見るべき経費項目

■全従業員をコストダウンに熱中させる「人の動かし方・人心掌握の極意」

●社長が意図して仕掛ける「社員のやる気に直結する2大管理指標」 ●「作業」を自立させる法
●5人一組「ラインカンパニー制」の競争効果 ●社員のコスト意識が激変する社長の言葉

■中小メーカーで効果大!生産性向上の最強武器「時間あたり生産管理法」とは

利益強化の実務(3) 永守式【利益の生み出し方】新市場と顧客を常に開拓する方法

■日本電産・永守社長から手渡された「企業経営の指針」に書かれていた利益を出す秘伝

【目標設定】一年で社長がやる、経常利益率10%を達成するための「売上、コスト、在庫」目標値
【仕事スピード】社内スピードはもちろん「対顧客、対市場」社外スピードUPは利益を上げる武器
【意識改革】一年で高収益体質に変わる「幹部の意識が変わる経営指標/毎日の報連相のさせ方」
【損益の週次管理】計画未達が一切無くなる、週一回のフォロー体制の作り方、運用の仕方

■社長が目標とする利益を頂ける「市場と顧客」を見直し、徹底的に開拓する方法

●社長しかできない「売上計画の見直し方」経常利益10%が出せる顧客の選定方法

既存顧客の売上計画 市場シェアから見る2面計画の立て方/成長度別・売上予測のし方
新規顧客の売上計画 精度高い業績伸長度別・市場シェア別の立案/取引先の多様化に挑戦

利益強化の実務(4) 永守社長に言われ続けた【利益を出す社長になるための金言】

●儲からないなら、社長自らまず「伝票を見ろ」 ●営業が動いている間は、工場は帰るな
●どんな困難でも、必ず解決策を連れてやってくる ●一番以外は皆ビリだ…

お申し込み

日本電産永守式 利益強化4大実務

開催日程参加料 (税込)小計 (税込) お申込み
2016年11月22日(火) 10:00~17:00
募集を終了いたしました

お申し込み者とご参加者が異なる氏名の場合、また、2名以上のご参加お申し込みをされる場合は、[お申し込み]クリック後のお申し込みフォームにて、ご参加者のお名前を全てご記入ください。

一人につき54,000
(テキスト、資料、昼食代、喫茶代、消費税を含む)

出演講師の関連セミナー
画像 ページTOPに戻る