【商品発送開始!】「春季・全国経営者セミナー」講演CD・DVD 

定員満席につきご出席検討中の場合は事務局・作間までご一報ください

社長にとって、最も重要な役割は「企業の方向づけ」である。将来を的確に読み、先手を打って事を成すことに他ならない。それではいかにして先の見通しをつけるかといえば、「長期計画」を立ててみる以外にはない。

ここでいう「長期計画」とは、売上○○億、利益××億、新規に△△事業を成功させる、といった夢だけにとどまらない。これだけでは絵に描いた餅でしかならないからだ。

何としても社長の野望を実現するためには、「実行の裏づけ」が不可欠なのだ。壮大な方向づけに緻密な数値的根拠が備って、はじめて社長の「長期経営計画」と呼べる。

この佐藤塾では、これまでの経営内容の傾向、長所短所を掴み、経営をより強固なものにする「5年間の長期計画」を、社長と幹部が深夜まで一緒になってつくり上げていく。

しかも、様々な事態・経済変動を想定し、シミュレーションを加えることで「社長必須の武器」となる。

佐藤 肇


第53期:平成29年4月15日(土)・4月30日(日)~5月3日(水)
講師紹介

講師 佐藤 肇

佐藤塾塾長/スター精密 (株)代表取締役社長

 「経営数字」を緻密かつ大胆に駆使し、絶対的に強い経営体質を創り上げる「佐藤式長期計画」の唯一無二の伝承者かつ指導者。

 この合宿は、自社の現状を徹底的に解明し、損益計画、付加価値配分、資金計画、人件費計画、設備投資、金融計画、税金計画、資金運用計画まで、全ての数字に徹底的検証を加え、5年先までの正確無比のバランスシート、事業計画書を完成させる。

 変化厳しく不透明の時期に、社長が状況判断・決断を誤らないために、毎年多くの社長と幹部が佐藤式《経営の定石》を学びに氏のもとへ集う。

 最新著書『社員の給料は上げるが総人件費は増やさない経営』(弊会刊)他

スター精密株式会社について(東証一部)
工作機械・精密部品及び小型音響部品等の世界トップメーカー。
1950年(昭和25年)創業、1990年東証一部上場。自己資本比率70%台の強固な財務基盤を持つ。
(本社:静岡市)

当該塾 参考図書

■塾長「佐藤 肇氏」の著書について

初めてご参加の方は、先読み経営は
必読の課題図書として指定

『先読み経営』
◎本体総ページ数 448ページ
会員特別割引価格 14,580円(税込)


『社員の給料は上げるが
総人件費は増やさない経営』

◎A5版 444ページ
会員特別割引価格 机上版 9,504円(税込)
         皮革版 13,500円(税込)


ご購入はリンク先の弊会通販サイトより

セミナー要項
※【現在定員満席につきご出席検討中の場合は事務局・作間までご一報ください】
第1講【第53期】2017415日(土)・430日(日)~53日(水)

1講 2017415日(土) 10:3017:00

東京都 ※お申込者の方にメールで会場をご連絡させていただきます。
第2講2講 2017430日(日)~53日(水) 10:4515:30

静岡県 ※お申込者の方にメールで会場をご連絡させていただきます。
定員18社

※長時間、社長と幹部が経営について深く語り合える貴重な5日間です。
(過去3期分の決算書を準備できることをご参加の必要条件とさせていただきます)
※顧問の税理士、会計士の方のご同伴はご遠慮下さい。
ご参加費用1社(2名) 139万円(税込)
※合宿の成果をより高めるために原則2名様以上でご参加下さい。
(個別相談・テキスト資料・合宿期間のホテル3泊・懇親昼食会・全朝食を含みます)

13名様以上の場合は下記にお問合せ下さい。
  担当:作間・勝山→Tel.03-3293-0041 E-mail.sakuma@jmca.co.jp

※これまでに「佐藤塾」「経営数字マスターコース」にご参加企業の場合は、
 割引制度もございますので、併せてお問合せ下さい。
準備物合宿参加にあたり準備いただく資料
(1)決算書3期分(販管費明細・製造原価報告書を含む)
(2)社員数・人件費データ、定年退職予定者リスト等
(3)現在保有資産の減価償却費計画・将来の大型投資リスト
(4)長期借入金明細と返済予定額、現預金…等
※事前に専用用紙を配布いたします
お問い合わせ日本経営合理化協会 担当:作間信司/勝山真衣
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-3
TEL 03-3293-0041 FAX 03-3293-0048
Webでのお申し込みはこちらから
セミナーの内容

■長期計画のたて方【個別実習と経営指導】

【第1講 東京会場】
社長が、正しい経営判断をするための「決算書・P/L・B/S」3期の整理の仕方

 (※直近の決算書3期分「損益計算書」「貸借対照表」「販管費明細」「製造原価報告書」「株主資本等変動計算書」を必ず持参して下さい。佐藤式「社長のための決算書2表」に数字をまとめ、社長がひと目で判る数字に変える)

 ■自社の「真の実態」を掴まずして、未来計画・長期計画の立案はあり得ない!

 運営基本実績

●A4チャートに過去3年分、長期5年分 ●会社の真の実力

 財務実績

●バランスシートの全体像を掴む ●P/LとB/Sの関連 ●主要六項目の経営分析

【第2講(3泊4日合宿)静岡会場】
これから5年間の「売上利益計画」「目標バランスシート」「資金計画」の立て方

●我社の経営体質、運転資金の長所と改善点の洗い出し
●資金繰りで苦しんだ根本原因は? ●現金と借入金バランス
●在庫過多の判断 ●キャッシュ化速度
●売上の回収と仕入の支払いバランス

 佐藤式「付加価値経営」の考え方
 中小企業で必須の経営分析10大項目
 幹部全員が「我社の経営実態」をシッカリ理解する

実習指導
副塾長/作間信司

(日本経営合理化協会 常務理事)

日本経営合理化協会の主席コンサルタントとして、数多くの「経営計画」の策定にかかわり、その親身な指導で定評がある。
本コースでは、「佐藤塾」塾長のアシスタントとして、分析実習を担当。
 

■実習指導
計画1 長期事業構想書

●景気、市況の正しい読み方 ●社長の方針の示し方
●売上、粗利益の設定法 ●商品、販路、組織、人事、財務のポイント


計画2 付加価値配分目標

●付加価値をいかにバランス良く10の配分先に分けるか
●5年後の内部留保の目標レベルは ●理想的な経費のかけ方とは


計画3 運営基本計画

●過去の傾向から掴む「利益確保の要所」 ●粗付加価値アップの施策
●今後の売上、粗利益をどう読む ●社長が掴むべき市況の動向とは
●どこまでの売上増減を予測すべきか ●常に3通りの経営シナリオ


計画4 人件費計画

●処遇は高め、総額は減らす《佐藤式人件費計画》の思想と実務
●これからの人事政策、給与テーブル ●「人件費係数」の決定法
●生産性と人員枠 ●退職者再雇用、保険など最新情報は


計画5 固定資産投資及び償却計画

●カネを借りずに設備投資を続ける鉄則
●より稼ぐための投資枠の決め方 ●設備生産性
●設備投資か、リースか、判断のコツ


計画6 運転資金計画

●資金繰りを楽にする回収率と支払率の決め方、交渉実務
●在庫回転率、手許現預金の目標値と改善法
●1ヶ月分の資金プール、5%ルール ●現金創出力


計画7 税金関係計画

●社長として知っておくべき「会社の税金」仕組みと計算法
●上手な節税法は ●賢い税金の支払い方
●今後5年間でいくらの税金を払うのかを算出


計画8 資金運用計画

●我社の大きな金の動きの掴み方
●資金運用10ヶ条とは ●5年で無借金に挑戦する
●固定資金余裕と健全度の関係


計画9 金融計画

●長・短借入金の金利負担を読むには ●実質金利
●返済の秘訣と長期計画 ●必要見返り預金の考え方
●銀行取引の有利な進め方 ●社債 ●銀行の儲け方を知る


計画10 財務計画

●5年後までの貸借対照表を正確に作成
●最重要10指標の分析結果はいかに
●最強の財務体質を実感 ●到達点が見える「安心経営」へ

 

 
完成した5年計画 
↓ 
自社の5年後の予想B/S経営分析 
↓ 
佐藤講師の個別指導 
↓ 
更に2~3通り長期計画作成へ



 ■佐藤塾長自ら長期計画の威力を実証

 創業者の父から徹底的に叩き込まれた「長期計画」経営手法を駆使し、高収益と抜群の安定性を兼備する会社に育てる。
 2008年、売上高739億、経常利益152億の最高益を計上。その後、リーマンショックが業績を直撃し、2年間で売上292億(60%ダウン)に激減。85億の大赤字となるも、社員700名の雇用を守り通し、現預金を減らすこともなく自己資本比率81%に上昇させる。
 翌年には、見事V字回復を実現させ、佐藤式「付加価値経営」「長期計画」の威力を実証!


 ■中堅・中小企業で数多くの優良企業を輩出

 毎年2回、春と夏に「長期計画」合宿を開催し、今回で53期、(20年以上にわたり)連続開催している人気コース。
 連続参加はもちろん、3年、5年連続参加の企業も数多く

●初参加から、4年で無借金経営が実現できました!
●銀行からの信用が抜群となり、調達金利も1%以下に…
●うちの幹部社員の実力が見違える程高くなり、
   会議の中身も数字で語り合う程、変ってきました。
●何より、数字が苦手だった社長の私自身が数字を好きになり、
   業績の変動に一喜一憂しなくなりました…

 など、多くの声が寄せられて、塾生企業の中から、上場企業も数多く出ています。


 ■社長と幹部社員が、自社の将来と戦略をトコトン考え、語り合う5日間

 自社の経営数字を電卓で叩き、決算書から10点満点の通信簿をつくり、弱点、改善点への対策を工夫し、幹部自ら、計画を立てるから全体像が掴め、社長方針が浸透・徹底!

作成合宿 5日間の流れ

第1日目

自社決算書(直近3期分)を佐藤式「社長の決算書」
運営基本実績 財務実績(A4版2表)にまとめ、6項目経営分析

第2日目 自社のP/L・B/Sから
     経営体質・長所改善点を診る

運転資金実績
経営分析29項目指標
長期事業構想の作成

第3日目 佐藤式「付加価値経営」の基本的考え方と計画立案

付加価値配分計画 作成
人件費計画・採用計画
設備投資・償却費計画
運転資金計画 作成

第4日目 5ヶ年の売上利益計画の
     完成と目標バランスシート

税金計画 基本と納税
資金の計算の仕方
資金運用計画 作成
借入金の返済・調達
財務計画・B/S の完成

第5日目 完成した5年計画の分析

佐藤塾長の個別指導
経営シミュレーション
売上利益、設備投資計画の条件を変更し、
2~3通りの長期計画を再度立案

定員満席につきご出席検討中の場合は事務局・作間までご一報ください

お申し込み

第53期 佐藤塾 『長期経営計画』作成合宿

開催日程参加料 (税込)小計 (税込) お申込み
【第53期】2017年4月15日(土)・4月30日(日)~5月3日(水)
満員御礼のため募集を終了しました。

今後の申込はキャンセル待ちとさせていただきます

お申し込み者とご参加者が異なる氏名の場合、また、2名以上のご参加お申し込みをされる場合は、[お申し込み]クリック後のお申し込みフォームにて、ご参加者のお名前を全てご記入ください。

1社(2名) 139万円(税込)
※合宿の成果をより高めるために原則2名様以上でご参加下さい。
(個別相談・テキスト資料・合宿期間のホテル3泊・懇親昼食会・全朝食を含みます)

13名様以上の場合は下記にお問合せ下さい。
  担当:作間・勝山→Tel.03-3293-0041 E-mail.sakuma@jmca.co.jp

※これまでに「佐藤塾」「経営数字マスターコース」にご参加企業の場合は、
 割引制度もございますので、併せてお問合せ下さい。

出演講師の関連セミナー
画像 ページTOPに戻る