【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…34講師登壇、経営者650名が集う3日間 

自社に最適な人事制度は、社長の頭の中にこそあるのです。これまで5年、10年、20年…と社員を率いて、会社を繁栄・存続させてきたのは、社長、皆さん自身の評価や処遇、賃金決定のやり方なのです。

もしいま、社内で人の問題が発生しているとしたら、それは、仕事の内容や、給料の額や、労働時間など…人事制度の問題ではないのです。社員が不安に思っているのは、皆さんが何を評価して、どのように給料や処遇を決定しているのかが正しく伝わっていなかったからです。だから、不安や不満、ギスギス感、やる気のなさ生まれているのです。

社長が何を一番評価しているのか。それがどのように処遇や給料に結びつくのか。それを明確にするだけで、社員は驚くほど社長の期待に応えて成長してくれます。社員が成長すると業績は自然と向上するのです。

そこで、本セミナーでは、100人以下の中小企業が今すぐやるべき「業績直結の新・人事制度づくり」の考え方や手順について、実例を交えてお話いたします。借り物の制度ではダメです。社長の頭の中を見える化し、自社に100%対応した制度を作るためには、人事部長だけでは不十分です。必ず、社長・人事部長の同時聴講をお勧めします。

【社長のこんな悩みを解決します!】

・社員が会社の業績に関心を持たない
・雰囲気が悪い ・人が採用出来ない
・社員が育たない ・目標が低い
・評価や給料、賞与に不満を持っている
・幹部、管理職が部下を育てられない
・新人が定着しない、すぐ辞める
・役職者になりたがらない
・ヤル気のない社員がいる

東京開催:平成28年5月26日(木)
大阪開催:平成28年5月27日(金)
講師紹介

講師 松本 順市

ENTOENTO代表

 大学3年生より、当時3店舗であった街の鮮魚店「魚力」にアルバイトとして入社。同時に当時の山田社長の参謀役として社長室に勤務。
 いわゆる「5K職場」と呼ばれる鮮魚小売業界にて、サービス残業130時間から業界初のサービス残業ゼロ、完全週休2日制の実現に成功。社員の成長を支援する人事制度を構築し、30年連続増収増益、東証二部上場(現在は一部)達成の原動力となる。
 1993年人事コンサルタントとして独立。中堅・中小企業の人事制度の指導・支援を全国展開。現在までに816社の人事制度を作り、構築成功率は99.4%を誇る。著書「成果主義人事制度をつくる」「即戦力に頼る会社は必ずダメになる」他。

セミナー要項
東京会場2016526日(木) 10:0016:30
東京都 ※お申込者の方にメールで会場をご連絡させていただきます。
大阪会場2016527日(金) 10:0016:30
大阪市 ※お申込者の方にメールで会場をご連絡させていただきます。
ご参加費用1名につき52,000円(税込)
※テキスト、資料、昼食、喫茶代を含む
お問い合わせ日本経営合理化協会 担当:園部貴弘
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-3
TEL 03-3293-0041 FAX 03-3293-0048
Webでのお申し込みはこちらから
セミナーの内容

社長が率先!社員が育ち、会社が成長・発展する「新・人事制度」のつくり方

(1)3店舗30名の魚屋「6K職場」が、売上300億(一部上場)になった理由

●衰退産業の魚屋に人は来ない、成長しない ●無気力社員をデキル社員に変えた出来事
●サービス残業130時間が0に。答えは現場にあった ●人事の悩みから解放!30年間増収増益

(2)多くの社長が誤解している!「人事制度」の本当のこと

●実は「社長のカン」が一番正しい ●専門知識がなくても可視化できる
●なぜ人事制度づくりに失敗するのか ●成功事例のモノマネではダメ
●2:6:2=下の2割が成長しない理由 ●社員の本当の不満を知っているか?

(3)社員を成長させ、業績向上に直結する「新・人事制度」

●目的は「業績」を向上させること ●社員が笑顔で元気に成長する
●今までの人事・賃金・評価の考え方をリセットする
●導入後に本当の問題が発生!自力で直せる制度 ●全社員をやる気にさせた“ある方法”

743社が実践!高収益化とヤル気倍増が同時に実現「成長支援制度」の導入

(1)成長支援制度の中心「成長Eシート」作成=どのように成長して貰いたいかを明らかにする

●まず、簡単に作ることが最優先 ●社員は社長の考えているように育つ
●社員を評価する項目は「期待成果」「重要業務」「知識・技術」「勤務態度」の4つしかない
●優秀な社員の「やり方」を徹底的にチェック ●社員は更に成長したいと考えている

(2)「成長Eシート」で目標管理を実施=業績を上げ続けるための“人事のPDCA”

●従来の目標管理・目標設定の仕方は、なぜ失敗するか ●「社員の目標」と「会社の目標」の関係
●(P)目標設定→(D)実行→(C)評価→(A)改善 ●「絶対評価」が組織風土を変える
●上司の最重要能力は「部下を育てる力」 ●部下の何を褒めて、何を叱るのか

(3)全社員の評価を決定する「成長支援会議」と「評価のフィードバック」のやり方

●上司で決めた結果に不満を漏らす社員はいなくなる ●いつ、誰が、何を討議するのか?
●フィードバックが制度の命=部下に伝える時の注意点 ●「社長の調整」が制度を崩壊させる

全社員の力を底上げ!社員が常に挑戦し、業績向上させる新・マネジメントツール

【ステップアップ制度】 誰もが納得できる昇進・昇格・配置のやり方

●昇進昇格に不満をもつ理由は単純 ●全員が昇格昇進を目指す基準の作り方
●「ステップアップ基準運用表」の使い方 ●昇進昇格会議が不要になる

【賃金制度】 昇給・賞与・採用時賃金が自動的に決まる仕組み

●昇給も賞与も自分で計算出来るから生活設計が出来る
●「3つの賃金表」 ●賃金表は社長のメッセージ
●手当は「役職」「超過勤務」「通勤」の3つあれば十分
●昇給・賞与ゼロでも社員から不平不満が出ない工夫

【教育制度】 社員が自ら伸び続けようとする組織

●「人に教える人」が最高評価 ●年間教育研修計画
●自立型社員への成長を促進する仕掛けづくり
●効率的・効果的な教育と、効果測定のやり方

「成長支援制度」実践事例

◎業績が伸び続け、5年連続賞与10ヶ月分支給!(メディア事業)
◎3.7万円の経常利益が2,100万円に!(食品製造業)
◎3年6ヶ月前に構築スタートし、売上は300%の50億円へ(住宅販売業)
◎残業時間を58%削減し、売上は昨年対比140%にアップ!(自動車整備業)
◎8年間連続前年対比130%、定着率約100%に(サービス業)
◎導入1年で組織風土が良くなり、2億円売上増(システム開発業)
◎3ヵ月で業績50%アップ。しかも残業はゼロ実現(IT関連)

人事制度づくりの目的は、社員の成長であり、最終ゴールは業績向上だ!

お申し込み

「新・人事制度」の作り方・使い方

開催日程参加料 (税込)小計 (税込) お申込み
東京会場
2016年5月26日(木) 10:00~16:30
募集を終了いたしました
大阪会場
2016年5月27日(金) 10:00~16:30
募集を終了いたしました

お申し込み者とご参加者が異なる氏名の場合、また、2名以上のご参加お申し込みをされる場合は、[お申し込み]クリック後のお申し込みフォームにて、ご参加者のお名前を全てご記入ください。

1名につき52,000円(税込)
※テキスト、資料、昼食、喫茶代を含む

出演講師の関連セミナー
画像 ページTOPに戻る