【商品発送開始!】「春季・全国経営者セミナー」講演CD・DVD 

平成28年は、激動の中で、「儲かる会社」と「儲からない会社」の戦略格差がハッキリと出る。

この格差は、いったいどこからくるものなのだろうか。それは、社長が根本的に抱えている事業体質・体勢を真に捉えていないために起こっていることが多い。

もともと、事業体質によって、戦略・戦術、手の打ち方に大きな相違がある。それをまずキチンと捉えなければ、どんなにガムシャラに手を打っても、業績に結び付かせることは難しい。

この激動と混乱を乗り切り、自社を儲かる会社にするために、事業体質・体勢を熟知し、体質転換をしていくこが社長として急務である。

今回の実学の門では、自社の「体質・体勢の捉え方」から、儲かる会社にする「体質・体勢の転換実務」、確実に売上・利益を伸ばす「各社のプラスワンの戦略・戦術」まで、手の打ち方を解りやすく指導する。

激変する経営環境に対応し、皆様の確実な業績向上を念願し、お伝えするものである。是非ご参加いただきたい。

不尽

東京開催:平成28年6月23日(木)
大阪開催:平成28年6月15日(水)
福岡開催:平成28年6月10日(金)
講師紹介

講師 牟田 學

日本経営合理化協会 理事長

 「受注と見込体質、2つの戦略視点から事業経営を捉え繁栄する体質への構造見直しと転換戦略の着手が急務」
 40年におよぶ経営実務体験に裏打ちされた確かな経営指導を行い、全国の社長が日々集う。社長業指導の教祖的存在である。
 大学在学中より事業を興し、卒業後もその経営手腕を見込まれ、倒産寸前の会社を任され、次々再建。現在、自ら創業した五社の社長・会長・社主を兼務。魅力的な人柄に数多くの社長が集い、主な社長塾だけでも「無門塾」「花伝の会」「地球の会」はじめ15を数える。まさに社長業「知行合一の人」である。多くの財界人や専門家の薦めで25才の時に、経営指導機関である日本経営合理化協会を設立し、現在、理事長。玉川大学・大学院元教授。佐賀県生まれ。
 最新著『社長のいき方』『事業発展計画書の作り方』『打つ手は無限』『社長業 実務と戦略』をはじめ『社長の売上戦略』『オーナー社長業』『社長業』『社長業のすすめ方』など社長業シリーズがある。

講師 牟田 太陽

日本経営合理化協会 専務理事

 事業経営の奥義を“社長業指導の教祖”牟田學に伝授された後継者。大学卒業と同時に、アイルランドで和食レストランを単独創業。異郷の厳しい環境に身を置き、世界観を広げ、事業の大成功を収める。
 帰国後に入協。以来、社長の実務セミナー「実学の門」、後継社長の登竜門「後継社長塾」などの企画・運営に従事。2千社を超すオーナー社長、後継者と親密な関係を築き、現在、牟田 學の「実学の門」「無門塾」の講師をはじめとして、講演や経営指導に東奔西走の毎日である。著書『「後継者」という生き方』他。

セミナー要項
東京会場2016623日(木) 10:0016:00
東京都 ※お申込者の方にメールで会場をご連絡させていただきます。
大阪会場2016615日(水) 10:0016:00
大阪市 ※お申込者の方にメールで会場をご連絡させていただきます。
福岡会場2016610日(金) 10:0016:00
福岡市 ※お申込者の方にメールで会場をご連絡させていただきます。
ご参加費用57,000円(税込)
※テキスト代、昼食、喫茶等を含みます。
お問い合わせ『実学の門』事務局(日本経営合理化協会内) 担当:牟田太陽/勝山真衣
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-3
TEL 03-3293-0041 FAX 03-3293-0048
Webでのお申し込みはこちらから
セミナーの内容

牟田 學の社長塾『実学の門』【6月開催】プログラム 10:00~16:00

戦略I. 平成28年の激動の中で「儲かる会社に転換する」社長の実務戦略

(1)社長が知るべき自社事業の基本体質と儲かる体質体勢への転換のはかり方

●世界経済の不安定、原油価格の下落、超低金利、消費税増税の中で事業構造の改革、得意作、
 商品、売上利益、体勢へ社長はどう手を打つか

(2)事業の二大体勢の社長の捉え方、儲かる体勢・体質へ自社を変える手の打ち方

●これから儲かる事業の体勢・体質の変革 ●自社事業の体質の強化、改善、構造改革のやり方
●事業体質の強化実務戦略のすすめ方

戦略II. 平成28年、「儲かる会社にする社長の新体制、新体質戦略」の実務

(1)社長がやるべき《受注体質事業》の特色と儲かる経営への戦略転換

●どんな事業でも売上=値段×数量 ●受注の値段は世間相場と得意先が決定する
●「値段」「数量」「コスト」は社長の重要決定事項だ ●社長が儲からない事業を作っている

(2)受注は基本的に儲からない、社長の戦略・工夫・対策

●得意先は特定少数、得意先の分析、増客、原価に独自の工夫が必要
●安定性、繰り返し発注が常態化し、マンネリ化する

(3)社長がやるべき《見込体質事業》の特色と儲かる経営への戦略転換

●商品が売れるか、売れないか、いつも不安定 ●不特定多数のお客様に販売していく
●仕掛けていく思想が大事 ●商品・サービスの「値段」を自主的に決定できる ●5つの価格戦略
●値段のテスト ●ライバルと市場分析 ●数量を自分で決定しコントロールする

(4)見込は基本的に大儲けできる体質、大損もする、社長の戦略

●顧客は不特定多数、浮気っぽい、固定客化が大事
●基本的に不特定、危険性が高く、賭け事・水商売的体質

戦略III. 社長の重大認識、受注事業と見込事業の根本的な体質相違

●受注事業の「生命」を握っているお客様への戦略戦術の実務
●見込事業の「生命」を握っている商品・サービスへの戦略戦術の実務

戦略IV. 受注体質事業の大発展繁栄戦略と事業構造への手の打ち方

●受注体質事業は「売り物」を他社より磨く ●サービス ●企画力 ●提案力
●値段 ●品質 ●納期 ●技術 ●得意先の商品を研究する

戦略V. 受注事業が厳しい競争に勝って繁栄する具体的な戦略実務

●新規開拓の具体的な工夫「4点セット」「新規開拓チーム」「新規リスト」「実物見本」
●事業存続の鍵、「お客様第一主義」の具体策とすすめ方 ●固有技術・個有設備の追加戦略のすすめ方
●独自性、工業所有権へのチャレンジのやり方 ●社長が受注促進、販売方法を戦略的にする
●地域制覇、業種制覇、対象制覇を積み重ねる戦略

戦略VI. 見込み事業の大発展戦略と事業構造への手の打ち方

●見込事業の社長の戦略思想 ●生命の根源、商品開発への社長の視点 ●製品化と商品化
●商品の二大性格と戦略 ●生産、外注、仕入れの戦略

戦略VII. 見込み事業の社長の「仕掛け」と成功戦略事例

●ネーミングの戦略 ●供給制限の戦略 ●立地の戦略 ●固定客化の戦略 ●商圏の戦略
●五つの柱の戦略 ●販売方法の複合化戦略 ●価格戦略 ●在庫への戦略 ●仕掛けと感性
●売れない商品への戦略 ●販売方法別の販売ネットへの社長の手の打ち方
●継続的商品追加と新商品開発 ●コストの安い海外戦略

戦略VIII. 儲かる会社をつくる「社長の究極の体質転換」戦略実務

●見込体質事業は受注事業の長所を採り入れる
●受注体質事業は、事業の一部に見込事業をやる

お申し込み

牟田 學の社長塾『実学の門』 平成28年6月コース

開催日程参加料 (税込)小計 (税込) お申込み
東京会場
2016年6月23日(木) 10:00~16:00
募集を終了いたしました
大阪会場
2016年6月15日(水) 10:00~16:00
募集を終了いたしました
福岡会場
2016年6月10日(金) 10:00~16:00
募集を終了いたしました

お申し込み者とご参加者が異なる氏名の場合、また、2名以上のご参加お申し込みをされる場合は、[お申し込み]クリック後のお申し込みフォームにて、ご参加者のお名前を全てご記入ください。

57,000円(税込)
※テキスト代、昼食、喫茶等を含みます。

出演講師の関連セミナー
画像 ページTOPに戻る