【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…34講師登壇、経営者650名が集う3日間 

本塾は、確度の高い経済情報を、どこよりも早くに社長にお伝えする「社長専門」の経済塾です。

各界に人脈を持ち、経済予測で我が国屈指の実力者、三橋先生に最新動向をご教授頂くことはもちろん、現役議員、政府関係者、経済評論家、アナリスト、専門家…をゲスト講師として毎回招き、今後の経営を優位にする「現場ナマ情報」を社長にお伝えします。

これからの経営は、正確な情報をどれだけ手に入れられるかで勝負が決まります。大衆には流れない貴重な情報を活かし、経営をより優位に進めていただきたく、当塾の開催をここにご案内いたします。

マスコミ報道でよく耳にする「日本の公共投資は多すぎる」「国の借金は子孫の負担になる」「日本は円高で破綻する」など、これらはいまや常識のようになっているが、すべて真っ赤な嘘である。現状日本は破綻するどころか力強く復活しているではないか。真相をはぐらかすメディアの愚論を排撃し、「真の経済」を具体的なデータ、客観的な数字をもとに、ご提示していきます。

会期:平成28年3月~平成29年1月(全6回)
講師紹介

塾長 三橋 貴明

経済評論家・中小企業診断士

 真に日本を憂う、いま最も注目のエコノミスト。政・官・財・学界に多くの支持者をもち多彩な人脈から現場情報を取得。自民党政権との繋がりも強く、安倍総裁、麻生副総裁とは、政策面での情報提供など深い関係を持つ。卓越した情報分析力、未来予測の確かさから、講演、執筆から政界進出まで活躍の場が広がり続けている。

毎回登壇する多彩なゲスト講師

時勢の経済動向にあわせ、「各界の第一級」の専門家にご登壇いただきます。

過去登壇講師
麻生太郎氏(第92代内閣総理大臣、現財務大臣)、田母神俊雄氏(第29代航空幕僚長)、
西田昌司氏(自民党副幹事長)、藤井聡氏(内閣官房参与)、木下寛之氏(元農林水産審議官)、
大石久和氏(国土技術研究センター理事長)、中野剛志氏(経済産業省)、
柴山桂太氏(滋賀大学准教授)、石平氏(経済評論家)、
施光恒氏(九州大学准教授)、渡邉哲也氏(経済評論家)、
室谷克実氏(評論家)、岩本沙弓氏(経済評論家)…ほか多数

政治、経済、外交、市場、新産業、軍事…様々な情報から
メディアでは掴めない「経済動向」をお伝えします

セミナー要項
会期・会場平成283月~平成291月【全6回】
【第1回】平成28325日(金)
【第2回】平成28520日(金)
【第3回】平成28715日(金)
【第4回】平成28916日(金)
【第5回】平成281111日(金)
【第6回】平成29120日(金)
各開催日:講義1330分~1730分/懇親会~19

東京都 ※お申込者の方にメールで会場をご連絡させていただきます。
定員30名限定
年一回募集の人気講座です。前期からの継続塾生もおりますので、早めの申込、問合せをお願いいたします。
最新のナマ情報をもとにした徹底講義と、塾生からのご質問に丁寧にお答えさせて頂くため、少数限定の開催とさせていただきます。
ご参加費用48万円(税込)
運営スケジュール13:30~15:30 最新動向に基づいた三橋塾長の経済講義
15:45~17:30 ゲスト講師陣による最新経済講義
17:30~19:00 夕食をとりながら質疑応答と全体討論(希望者のみ)
お問い合わせ日本経営合理化協会 担当:金森大介
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-3
TEL 03-3293-0041 FAX 03-3293-0048
Webでのお申し込みはこちらから
セミナーの内容

限界見える金融緩和経済。時代の変化、どう対応する

三橋貴明の“経済動向塾”

日本経済の今後の見通し・はびこる経済のウソ・政策・外交・産業・株・為替・資源・貿易…

マスコミ、識者の誰もが語ることのできない《真の経済》を解明する

《取り上げる主要テーマ》

日本 「強い日本」復活へ、日本のグランドデザイン

●地方創生、新エネルギー、特区構想…変貌する日本の経済環境
●観光、福祉、農地改革、バイオ…日本産業の構造改革の今後
●さらなる消費税増税と法人税減税…税改革と日本社会の変化
●人口減、高齢化先進国となる日本 ●新産業への視座

日本の成長戦略を語る麻生先生
三橋塾長とも親交が深い
(第1期ゲスト講師で登壇)

政治 アベノミクス第二ステージ。《政策、経済》最新動向

●「三本の矢」の総括と「新三本の矢」への期待と課題 ●量的緩和と日銀との連携
●成長戦略の目玉「地方創生」の動向 ●《民間投資活性化策と税制改正》
●憲法改正と外交政策 ●安全保障と防衛力の課題 ●為替への対応

経済 マスコミが報じない《事実に基づいた》真の経済像を語る

●中国は本当に崩壊するのか ●世界経済を牽引する次の主人公は
●次世代インフラによる経済革命 ●グローバリズムの限界
●世界的な内需回帰 ●レント・シーキングが経済を喰い潰す

懇親会で今後の日本と世界の
行く末を塾生と語り合う
経産省の中野剛志氏

米国/欧州 不穏な動きをみせる、世界覇者アメリカと「金融時限爆弾」を抱えた欧州連合

●各国が恐々とする米国の出口戦略 ●始まる世界金融の大改革
●米国を悩ますシェール革命の誤算 ●ポスト・バーナンキ時代
●ドイツに忍び寄る成長鈍化の影 ●高まるユーロ圏の失業率
●小国から大国へ感染が始まったヨーロッパの「金融汚染」

中国/新興国 「減速鮮明」中国経済と「二極化する」新興国

●現実味帯び出した中国経済「崩壊論」 ●チャイナショックは起こるか。その時日本は
●処方箋無しの末期症状か《中国不動産》衰退事情 ●危険水域は
●2極化鮮明。伸びる新興国と没落する国 ●未来が明るい国の特徴
●社長として捉える新興国の利点 ●人口増で活気づく新興国市場は

新産業 変わる経済構造。今後伸びる「産業」とは

●ロボット、介護、医療、観光…国を上げた産業構築がはじまる
●確実に訪れる「少子高齢化社会」と「労働人口減」への経営対策
●「グローバル経済」と「ローカル経済」に芽生えはじめた新産業

国土強靭化と日本経済の今後に
ついて語る内閣官房参与藤井聡氏

市場動向 円ドル・ユーロ・株式・金・債権相場…今後の展開

●乱高下する日経平均の今後 ●ピークアウトか。NYダウの不安要素
●円・ドル・ユーロ…為替は転換点に差し掛かる  ●《中国景況指数》光と影
●金・原油・レアメタル…実物資源の相場動向 ●ポジショントークで世界を見る

《三橋貴明塾長を囲み徹底討論》

講義とあわせ、毎回、三橋塾長を囲む懇親会を開催。経済・金融・
法制度・政治・税政・歴史の分野で、鋭い洞察と緻密な分析を展開する、
三橋塾長と膝付け合せ討論。一方通行の講演では語れない、多彩な
人脈から得られた情報をより深く、より濃く語る。

ゲスト講師もまじえ熱い
議論を交わす(写真田母神氏)

==== 本塾の特長 ====

1 激変する経済を定点観測する

本塾では、2ヶ月に一度最新の経済情報を提供。変化の早い時代に必要とされる、鮮度の高い情報を定期的に得ることで、柔軟で力強い経営が実行可能となる。

2 各界の第一人者との人脈づくり オフレコだから話せるナマ情報

経済・政治・市況…毎回各界の第一人者がゲスト登壇。少数特定だから話せる密度濃い情報を提供。懇親会を交え講師とより親密で深い情報交流ができる。

3 ご参加者からの質問に積極的にお答えする双方向塾

少数限定で行うため、第一線の情報に常に触れている三橋先生にじっくり質問ができる。大衆向けの講演会と違い、ビジネスに直結する有力情報や真相、社長が聞きたい情報を直に掴むことが可能。

==== 参加者の声 ====

空気に流されない大切さ 建築業社長

無責任なマスコミや評論家の情報に流されては正しい判断が出来ない。確かなデータ、第一線の人物からの情報をもとに経済を語る三橋先生の分析にはいつも助けられている。

広い視野から事実を積み上げ 製造業社長

エネルギー問題、外交、人口減、政局等々、ロジックに積み上げることで経済の行く末が見えるようになってきた。

情報の歪みを正す 小売業社長

現在の日本の問題は「情報の歪み」にある。国民をミスリードしてきた既存メディアに怒りを覚えると同時に、情報の見方を教えていただいた三橋先生に感謝している。

塾長/三橋貴明氏

憂国の士として、国民をミスリードする「経済のウソ」に警鐘を鳴らす気鋭のエコノミスト。企業の財務分析で培った解析力をマクロ経済に応用。経済指標など豊富なデータから国家経済を多面的に分析する「国家モデル論」は、実態経済を的確に掴めると高く評価される。自民党議員との交流も深く、麻生先生には、当会合にて講演いただき、日本再生への政策を共有している。

お申し込み

【第5期】三橋貴明の経済動向塾

開催日程参加料 (税込)小計 (税込) お申込み
平成28年3月~平成29年1月【全6回】
募集を終了いたしました

お申し込み者とご参加者が異なる氏名の場合、また、2名以上のご参加お申し込みをされる場合は、[お申し込み]クリック後のお申し込みフォームにて、ご参加者のお名前を全てご記入ください。

48万円(税込)

出演講師の関連セミナー
画像 ページTOPに戻る