【商品発送開始!】「春季・全国経営者セミナー」講演CD・DVD 

社長のための「コラム&NEWS」

画像 講師写真

お客様減少時代の売上倍増作戦

古田隆彦の「お客様減少時代の売り上げ倍増作戦」人口変動に対応する成長戦略の第一人者。日本には過去四回の人口減少期があり、今回が五度目。人口減少局面には必ず新しい文化が花開くと主張。新しい付加価値、売り方、収益の上げ方など、経営者が一番知りたい具体的な「未来戦略」を提示。すでに大小100社以上で氏の「人口波動」を活かした新商品や新事業を展開。卓越した業績を上げている。

最新コラム

第6話 「多接化作戦」ユーザーとの接点を押し広げる

◆ 「ついで買い」を誘う新店舗システム ヴィレッジヴァンガードという、新方式の店舗が全国各地に進出しています。1986年秋に名古屋で生まれた本屋ですが、書籍だけでなく、ポス ター、ミニカー、家具、玩具、CDはもとより、輸入菓子や生活用品などをランダムに並べ、顧客の「ついで買い」を誘う「連想ゲーム」型の新業態で す。 陳列方法はすべて店長や店員に任されており、手書きのコピーPOP広告も添えられていま...

コラムを読む

バックナンバー

筆者紹介

画像 講師写真

講師 古田 隆彦

現代社会研究所所長、青森大学社会学部教授

「人口波動」とは、氏が、太古からの日本および世界の人口推移を研究中に、文明や技術の盛衰、文化や流行の変化、戦争や紛争の動向など、人類の営みの発展 は人口の増減と密接な相関関係があることを発見、「社会変動モデル」として体系化したものである。 1939年岐阜県生まれ。1963年名古屋大学法学部卒。八幡製鉄株式会社(現・新日本製鐵)、株式会社社会工学研究所・取締役研究部長を経 て、1984年、現代社会研究所を設立。現在同研究所所長、青森大学社会学部教授。

経営コラムのトップへ戻る

画像 ページTOPに戻る