【商品発送開始!】「春季・全国経営者セミナー」講演CD・DVD 

社長のための「コラム&NEWS」

画像 講師写真

「歴史の交差点」

佐藤孝弘の「歴史の交差点」   歴史は繰り返す――世の中技術は常に進歩しますが、「人間」そのものはそう簡単に変わるものではありません。本稿では、歴史のさまざまな人物・事件・エピソードをご紹介し、リーダーのあるべき姿を考察します。

最新コラム

第41話 「上杉鷹山の改革手法」

  上杉鷹山と言えば、江戸時代の藩主の中でも最も改革を成功させた名君とされる。  18世紀後半に入ったとき、米沢藩の財政は破たん寸前であった。米沢上杉家は言うまでもなく上杉謙信以来の大名だが、旧領の越後から豊臣時代 に会津120万石へ入封、関ヶ原の戦いに敗れて米沢30万石へ減封、さらには後継問題で15万石まで減封されてしまった。  一方で120万石時代の約6000名の家臣をそのまま雇っていた...

コラムを読む

バックナンバー

バックナンバーを全て見る

筆者紹介

画像 講師写真

講師 佐藤 孝弘

東京財団 研究員・政策プロデューサー

東京大学法学部卒業。経済産業省勤務、日本経営合理化協会勤務を経て、現在、東京財団政策研究部研究員兼プログラム・オフィサーとして公共政策の研究に携る。

経営コラムのトップへ戻る

画像 ページTOPに戻る