【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…34講師登壇、経営者650名が集う3日間 

社長のための「コラム&NEWS」

画像 講師写真

大久保一彦の“流行る”お店の仕組みづくり

 外食産業は今、市場が成熟し、多くの店の中から選ばれなければならない時代になり、もはや「食べ物がおいしい」というだけでは、繁盛しなくなっている。その転換期にどうすべきなのか。どうすれば、お客様が増え、繁盛していくのか。
 市場が成熟した今でも、お客様を増やし続けているお店を研究し、あなたのお店にも“繁盛の仕組み”を取り入れて欲しい。

大久保先生の最新作「善の循環経営」が商業界から出版!
ぜひ、お買い求めください。
http://www.amazon.co.jp/dp/478550384X/okubofoodclin-22/

内容
  はじめに~今は経営手法を変える絶好のタイミングにある
  第一章 「勝つために手段を選ばないのは当然だ」と考えていた
  第二章 「善の循環経営」とは何か
  第三章  日本の将来の人口とマーケットの動向
  第四章  善の循環経営の実践者たち
  第五章  悪の循環を断ち切れば、善循環に入りこめる

最新コラム

104軒目 金沢で市場に一番近い鮨屋

 私の定番、日本経営合理化協会主催の店舗見学会をスタートしたのは、もう十年以上も前の話です。  初回見学会の直後、当時、参加者の中で、金沢から、目白にありました私の事務所にわざわざいらっしゃった酒屋さんがおります。その酒屋の中川忠博さんは、挨拶をするやいなや、「うちと業務提携してください」とおっしゃいました。私は、いきなりのよくわからない業務提携の依頼に驚きました。  そして、その後、雑談...

コラムを読む

バックナンバー

バックナンバーを全て見る

筆者紹介

画像 講師写真

講師 大久保 一彦


日本の将来のために創業・第二創業・イノベーションを支援する有限会社
代表取締役

10,000店舗を訪問、「反映の仕組み」を体系化 日本、フランス、アメリカなど1万店舗を実際に食べ歩き、 多くの飲食経営本を著す。 飲食店のもうけの構造を知り尽くした現場コンサルタント。 日本、アメリカ、欧州、1万店舗以上の店舗を訪ね、繁盛の秘訣を体系化し、「オオクボ式繁盛プログラム」を開発。損益分岐点を下げる仕掛けでは、月商400万円売れないと成り立たなかった店を月商180万円でも利益が出るよう指導し、成功させた。 (株)グリーンハウス時代に「新宿さぼてん」を惣菜店多店舗化に成功。独立後は、ハイディ日高、和幸、東和フードサービスなどの新業態開発やメニュー開発などを手掛け、地域密着店、老舗料亭やフレンチ・イタリアンの高級店等の運営から集客法までを一元的に指導。経営者の信頼を得る。 「行列ができる店はどこが違うのか」など著書24冊。

筆者の関連セミナー

経営コラムのトップへ戻る

画像 ページTOPに戻る