【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…34講師登壇、経営者650名が集う3日間 

社長のための「コラム&NEWS」

画像 講師写真

今、押さえておきたい! 社長が知っておくべき「労務リスク」

経営者は、常にチャンスを活かすことを志向しながらも、リスクを掌握し、その予防と対応策を講じておかなければなりません。特に、人材としての「人」は、企業に成長と発展をもたらす第一の資産となる一方で、労務管理上の諸問題=「労務リスク」と化す可能性があるものです。

対応を誤れば、送検・団交・民事訴訟など、経営者・管理責任者に過酷な負担を強い、経済的な損失を被るだけではなく、大切な企業秩序を壊していくことにもなります。

我社は大丈夫と思っている企業ほど、潜在的なリスクが潜んでいる場合が多いものです。

このコラムでは、社長として最低限知っておいていただきたい最新の「労務リスク」問題を提起していきます。

最新コラム

第31話 「マタハラ対策の必要」

1.労務管理のトップ課題としてのイジメ  全国の労働局長が実施する総合労働相談件数のうち民事上の個別労働関係紛争に関する相談件数は、245,125件で、そのうち「いじめ・嫌がらせ」は66,566件(22.4%)と、2位の「解雇」37,787件(12.7%)を抜いたまま、4年連続でトップを占めています(平成27年度)。  職場におけるハラスメント(いじめ)の問題は、被害者と加害者という当事者間の問題にとどまらず、使用者が不法行為責任と債務...

コラムを読む

バックナンバー

バックナンバーを全て見る

筆者紹介

画像 講師写真

講師 阿世賀 陽一

社会保険労務士阿世賀事務所 所長

ある日突然、元社員から訴えられる。最近では珍しくない話。今、企業は、時間外労働、メンタル問題、セクハラ、パワハラ、非正規社員、問題社員…など、さまざまな問題を抱えている。阿世賀氏は、これら経営者が知らなかったでは、済まされない労務問題を解決するスーパー社労士として活躍する。 特定社会保険労務士 全能連認定マスター・マネジメント・コンサルタント。

経営コラムのトップへ戻る

画像 ページTOPに戻る