【予約受付スタート】「新春・全国経営者セミナー」講演CD・DVD 

社長のための「コラム&NEWS」

画像 講師写真

「世界の金融市場」今後のゆくえ

今後の経済を知るにあたって、欠くことができない金融市場。世界の金融を動かすヘッジファンドやデリバティブの最新動向、ギリシャ問題の行方をお伝えいただきます。

最新コラム

第26話 キプロス問題に潜む欧州危機の歪み

 地中海の島国キプロスの金融危機が世界を揺るがせた。ヘッジファンドは、キプロス問題は欧州危機の歪みの一角で、いずれその他の国にも波及すると考えているが、既にキプロスに続いてスロベニア、ウクライナへと、波紋が広がりつつある。その裏付けとして、スロベニアの指標となるドル建て2022年満期国債の利回りは過去最高を記録した。また、対内直接投資のおよそ3分の1をキプロスが占めるウクライナは、企業が節税のため、...

コラムを読む

バックナンバー

筆者紹介

画像 講師写真

講師 草野 豊己

草野グローバルフロンティア(株)代表

ヘッジファンドと最初に取引をした日本人としても知られ、外国人投資家との30年以上の現場でのビジネスにより蓄積されたネットワークを活かした最深情報からグローバルマネーの動向を分析。    HSBC証券 営業統括ダイレクター、クレディ・アグリコル・インドスエズ証券(現クレディ・アグリコル証券)取締役副支店長を歴任。国際金融コンサルタントとして活躍。2005年に草野グローバルフロンティア株式会社を創設。 金融機関、個人投資家、企業経営者・役員等向けセミナーを開き、多くの投資家、企業の信頼を得る。またエコノミストとして、2006年3月にサブプライム問題に対しいち早く警鐘を鳴らし、週刊エコノミストをはじめ各種経済誌、週刊誌等に論文を多数掲載、NHK、テレビ東京、日経CNBCなどのテレビにも幅広く出演。ブルームバーグ、ロイター、大手新聞社等各種メディアからも多くの取材を受ける。 現在の日本には、世界の金融を動かすヘッジファンドやデリバティブを知る人間がほとんどいないと指摘。政府・国会・日銀、政党など政策当局からも金融危機・経済危機の問題の本質について解説を請われる。 混迷する国際金融市場を紐解くキーパーソンとして様々な分野から注目される。週間「エコノミスト」に定期執筆中。

筆者の関連セミナー

経営コラムのトップへ戻る

画像 ページTOPに戻る