【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…34講師登壇、経営者650名が集う3日間 

社長のための「コラム&NEWS」

画像 講師写真

ものづくりの街の再興

80年代半ばより、日本の20分の1労働賃金格差から、大手企業はこぞって中国やアジア各国へ生産拠点を移した。その影響をもろに受けたのが、下請け町工場である。大阪市生野区は、「10人に1人は社長」という典型的な中小零細企業の町である。このままでは、自分が生まれ育った生野の町はダメになる。そう感じた佐藤氏は97年、区内の若手経営者が集まる「フォーラム・アイ」に参加。町のネットワーク、高い技術力を武器に、脱下請けを狙う。 05年にはマスコミに取り上げられた数100回以上!イタリアのミラノで「ミラノにおける関西展」を開催、脱下請け!地域ブランドの展開が非常に注目を集めている。

最新コラム

大阪・生野の脱下請け戦略 その十二

    未来のモノづくりを担う子供たちの姿 遊びながら子供たちに、「ラジオを作るんだけど、デザインしてよ」とお願いすると“恐竜型ラジオ”というアイデアがでてきた。 それを書いてくれたのは、ブラジルの日系の子供だった。 そのデザインを採用。いざ製作に取り掛かった。パーツ集めに苦労もした。コンデンサーや抵抗など日本で作っていないものがたくさんあっ た。 こうしたモノ作り産業が日本に...

コラムを読む

バックナンバー

筆者紹介

画像 講師写真

講師 佐藤 元相

経営コンサルタント

どんな会社でも必ず他社を圧倒するNO.1要素を持っている!ただ、それがわかっていないだけだ!技術なのか、スピードなのか、味なのか、一番売れている商品なのか、粗利が高い商品なのか、ロングセラー商品なのか…社長と一緒に現場に飛び込 み、NO.1要素を探し出し、磨きこむ実践第一主義のコンサルタント。 著書「小さな会社★集客のルール」「小さな会社★NO.1のルール」

筆者の関連セミナー

経営コラムのトップへ戻る

画像 ページTOPに戻る