【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…35講師登壇、経営者700名が集う3日間 

社長のための「コラム&NEWS」

画像 講師写真

会社を永続繁栄させる秘訣

 会社は、社長そのものである。 能力や識見の無い人物を社長にすると、その瞬間から創業者が苦労して築き上げてきた会社も、2代目でその財を食い潰し、3代目にその姿を消す。 経営者のカリスマ後藤昌幸が、その広い見聞から「会社を永続繁栄させるための秘訣」を語る。

最新コラム

京都、老舗の家訓に学ぶ その十七 【最終話】

十五 店則  家名の永久存続のためには、精神的なものと物質的なものが必要であり、この両面のものを確保する目的で規定されたものが家訓である。その内容 を細々(こまごま)と、衣、食、住の全般にわたって規定したのが店則である。店則は家業の経営規定である。  会社では、創業者の作った社是や経営理念が家訓であり、その年のスローガンや経営方針や目標が店則である。  京都商法を大きく分類すると、店則は...

コラムを読む

バックナンバー

筆者紹介

画像 講師写真

講師 後藤 昌幸

(株)ゴトウ経営 代表取締役社長

経営不振に陥っていた滋賀・兵庫ダイハツ販売を見事に再建。県下トップに育て上げる。平成9年に、会長退任。グループオーナー(社主)となる。 「ご自身の体験に基づく迫力のある話、強烈な印象があった」「具体的・実践的な指導だった」「苦労した話には涙が出た。実例に大変感銘を受けた」… 今まで600人以上のオーナー社長を直接指導。カリスマ的存在となっている。出てくる言葉はすべて実践により裏打ちされ、理論や理屈ではない、体験談を熱く語る。 1933年、大阪生まれ。

筆者の関連セミナー

経営コラムのトップへ戻る

画像 ページTOPに戻る