【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…35講師登壇、経営者700名が集う3日間 

社長のための「コラム&NEWS」
大久保一彦の“流行る”お店の仕組みづくり

17軒目 「25年経った今でも、新鮮さを失わない店」


「ブルーベリーフィールズ紀伊国屋」(滋賀県・堅田)


 滋賀県の堅田という片田舎の山奥にブルーベリーフィールズという知る人ぞ知る店がある。

 オーナーの岩田さんは35歳の時にわけあって、農家から土地を譲り受け、この土地に移り住む。最初はブルーベリーを栽培したが、それだけでは やっていけないので、ジャムを作り始めた。

 あるとき、知り合いにお金をいただいて料理を提供した。それがきっかけで、お客さんがお客さんをよび、25年くらいの年月を経て今の店になっ たそうだ。

 社長の岩田氏に「こんな辺鄙な場所でなく、もっといい場所で商売しようと思わないんですか?」と尋ねると、「こんな辺鄙な場所にわざわざ来て いただけるから、この自然のすばらしを体感できるし、その自然のすばらしさ抜きにはこの店の良さは演出できない」という。



 よく、地方で繁盛していて都会にマーケットを求める場合がある。しかし、そのオーナーはマーケットというに踊らされている気がする。店という のは様々な要素で構成されている。料理、店の空間、サービスマン、実に多くの要素で構成されている。その中で絶対落としてはならないのはお客さんだ。ブ ルーベリーファームにはあのすばらしい、自然を求めてやってきているお客さんが雰囲気を作っている。決して都会の有機野菜バイキングの店にいるようなミー ハーなフォロアーではない。フォロアーは世の中の意見を迎合し、大衆マーケットを作り上げが、しかし、フォロアーの侵入が始まったと同時に、店はピークを 迎え新鮮さを失う。




25年経った今でも、ブルーベリーファームのお客さんは、何かを求めて、ちょっと行ってみたイノベーターや、人に見せたくてだれかとやってきた アーリーアダプターだ!だから、ほとんどの飲食店やコンサルタントに知られていない。そして、知られる必要もない。ずっと、堅田という地で咲き続けるので ある。



 ちなみに、先月日経BP社より発売された「小さな飲食店が成功するための30の教え」のおまけDVDで、このブルーベリーフィールズさんをご 紹介させていただいた。ご興味があったらぜひ見ていただきたい。


ブルーベリーフィールズ紀伊国屋
http://www.bbfkinokuniya.com/

バックナンバー

バックナンバーを全て見る

筆者紹介

画像 講師写真

講師 大久保 一彦


日本の将来のために創業・第二創業・イノベーションを支援する有限会社
代表取締役

10,000店舗を訪問、「反映の仕組み」を体系化 日本、フランス、アメリカなど1万店舗を実際に食べ歩き、 多くの飲食経営本を著す。 飲食店のもうけの構造を知り尽くした現場コンサルタント。 日本、アメリカ、欧州、1万店舗以上の店舗を訪ね、繁盛の秘訣を体系化し、「オオクボ式繁盛プログラム」を開発。損益分岐点を下げる仕掛けでは、月商400万円売れないと成り立たなかった店を月商180万円でも利益が出るよう指導し、成功させた。 (株)グリーンハウス時代に「新宿さぼてん」を惣菜店多店舗化に成功。独立後は、ハイディ日高、和幸、東和フードサービスなどの新業態開発やメニュー開発などを手掛け、地域密着店、老舗料亭やフレンチ・イタリアンの高級店等の運営から集客法までを一元的に指導。経営者の信頼を得る。 「行列ができる店はどこが違うのか」など著書24冊。

筆者の関連セミナー

シリーズトップへ戻る 経営コラムのトップへ戻る

画像 ページTOPに戻る