【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…35講師登壇、経営者700名が集う3日間 

社長のための「コラム&NEWS」
大久保一彦の“流行る”お店の仕組みづくり

12軒目 「地元の人に支持される個人店の鏡」


「太古福」(宮城県・仙台市)


 仙台で牛タンというとあなたはどの店を思い出すだろうか?

 チェーンでは「利久」が伸びているように見える。「利久」は牛タンで観光客を引きながら、しっかり料理人を置き、魚などの生ものを品揃えし、 地元の人間でも気軽に来店できる居酒屋のように機能しているように思う。とてもバランスの良い店だ。

 さて、私は、牛タン屋なら、この太古福(たこふく)を推したい。

 この店は駅前にない。高速インターに近い住宅地のど真ん中に悠然と存在するなんとも異色な存在だ。

 もちろん、超繁盛店。地元の人に支持され続けている店だ。そして個人店の鏡に私は思う。

 店の外観は、まさに住居兼、店舗という感じで、駐車場も、「これから建売住宅でも建てるのかな・・」という印象。


 そんな裏口から入ると、初めて来た人間は驚くこと間違いない。

 そこに、まさに個人経営の“お母さん”という女将さんがいい感じ出迎えてくれる。

 でも、それは暇な時を選んでいくから。昼時となると、車と人 でもう戦争状態。女将さんの姿を見ていいサービスはないとインプットされている 人も多いのではないだろうか?

 この店の牛タンは醤油ベース。塩、味噌の味付けがほとんどの仙台の牛タン店にあって、珍しい存在。見た目の量も決して多くない。



 しかし、この厚切りのタンがご飯にあう。香ばしい香りがいい。

 その一方で、この味わいはほっとする味だ。

 繁盛店には、「忘れさせない店」と「飽きられない店」がある。この店は、醤油味という個性がありながらも、何か気の置けないところがあって、 なぜだかわからないけどやってきてしまう店だ。家のような、牛タン屋のような、でも安心できる店だ。心も胃袋も優しくいやしてくれる小商圏の時代の名店の ひとつなのだろう。


太古福
仙台市若林区六町の目
電話 022-288-5849

バックナンバー

バックナンバーを全て見る

筆者紹介

画像 講師写真

講師 大久保 一彦


日本の将来のために創業・第二創業・イノベーションを支援する有限会社
代表取締役

10,000店舗を訪問、「反映の仕組み」を体系化 日本、フランス、アメリカなど1万店舗を実際に食べ歩き、 多くの飲食経営本を著す。 飲食店のもうけの構造を知り尽くした現場コンサルタント。 日本、アメリカ、欧州、1万店舗以上の店舗を訪ね、繁盛の秘訣を体系化し、「オオクボ式繁盛プログラム」を開発。損益分岐点を下げる仕掛けでは、月商400万円売れないと成り立たなかった店を月商180万円でも利益が出るよう指導し、成功させた。 (株)グリーンハウス時代に「新宿さぼてん」を惣菜店多店舗化に成功。独立後は、ハイディ日高、和幸、東和フードサービスなどの新業態開発やメニュー開発などを手掛け、地域密着店、老舗料亭やフレンチ・イタリアンの高級店等の運営から集客法までを一元的に指導。経営者の信頼を得る。 「行列ができる店はどこが違うのか」など著書24冊。

筆者の関連セミナー

シリーズトップへ戻る 経営コラムのトップへ戻る

画像 ページTOPに戻る