【好評発売中!】「新春・全国経営者セミナー」講演CD・DVD 

社長のための「コラム&NEWS」
大久保一彦の“流行る”お店の仕組みづくり

117軒目 《バーボンの品揃え日本一》十年@大阪府大阪市北区

 突然ですが、皆さんはバーボンをお好きですか?
大阪の北新地に常時900種類の品揃えをしていますバーボンバーがあるのをご存知でしょうか。
今月は、バーは開業して50年以上で、日本にバーボンを持ってきた男、御年79才の工藤乾祐さんの『十年(とおねん)』をご紹介しましょう。


 ホームページによれば、10年一区切りと『北新地本通で、漢字の屋号で、誰もやらないバーを』と1967年6月日本で初めてのバーボンウイスキー専門店『十年』を開店したそうです。2階のわずか3坪、カウンター7席のみの小さなバーからのスタートでした。
開店当初の10日間も誰も来ない日が続きました。当時は、スコッチウイスキー全盛期、お客様が来たら来たで『こんな臭いウイスキー飲めるか』と言う始末でした。飲み慣れないバーボンの味に毒づくお客様が多かったのです。
 工藤さんは、バーボンは本来南部の由緒ある飲み物で、西部劇に出てくるウイスキーのイメージを払しょくしたいとの思いがありました。工藤さんはアメリカ領事館に足を運び、掛け合い、アメリカ領事館、広告代理店と日本バーボンウイスキー普及協会を立ち上げ、長年、バーボンウイスキーの啓蒙につとめてきました。まさにパイオニアです。
2001年12月にかねてからの念願である 北新地本通1階に移転し、益々、バーボンの啓蒙に勢いがついたそうです。

 こちらのバーは、私の校長をしていた学校を受講いただいた税理士の島部忠志先生から、コンサルティングの紹介を受けました。ただし、私の引き受けるような案件ではなかったので、今、単純にバーボンの勉強をするためにおつきあいしております。

 さて、今宵のバーボンの勉強をはじめましょう。
 まずはAngel`s Envyから。


 バーボンは西部開拓者のイメージがありますが、実はお金持ちの飲み物で、とてもエレガントな味わいのものが多いです。
 特に厚い板を使用していたころのバーボンはバニラ香りがあり、上質な味わいが楽しめます。
 それを実証するため、続いては、50年もののIWハーパーを飲んでみます。
 このボトルは、もはや輸入元のサントリーにもなく、「写真を撮らして欲しい」といらっしゃる代物です。


 30年くらい前からか、ハーパーは大量生産になり、万人受けする酒を作るようになりました。だから私が飲んでいたのは工業製品のハーパーで、だから味が全く違うのです。
 バーボンは法律で新樽でないといけません。現在の手頃な価格のバーボンは、樽の材料が希少ですので、このころのような分厚い板が使えませんので、仕方ありません。
 この50年もののハーパーは、分厚い板なのでしっかり焦がした板の成分が瓶内で調和して、バニラの香りと甘さを出しているので、極めておいしいです。
 余韻も凄いです。これはちびちび飲めんでも、十分なボリュームがあります。
 しかも、飲み干して空になったグラスでしばらく耐えられます。
 せっかくですから、現状のハーパーと同時対比しましたが、喉に引っかかる感じです。これは別物ですね。喉にひっかかるとか飲んでいて異物感がある酒はあなたの体に合わないので、飲んではいけないよ、と菊姫の社長にちょうど教わったばかりです。
 ちなみに、『十年』のチェイサーは高温の熱処理をしていないミルクです。アルコールの分解作用があるからと工藤さん。ある意味、こちらのスペシャリテですね(笑)。


 最後に、BOURBON STARです。
 こんなものを置いている店はないですね。


 Old Cooperも素敵です。エチケットが皮でできているものもあります。


 いつまでも、いや、せめて900種類あるバーボンが無くなるまで店を続けて欲しいですね。
十年
大阪府 大阪市北区曾根崎新地1丁目5-7 梅ばちビル 1F
電話 06-6344-2407

バックナンバー

バックナンバーを全て見る

筆者紹介

画像 講師写真

講師 大久保 一彦


日本の将来のために創業・第二創業・イノベーションを支援する有限会社
代表取締役

10,000店舗を訪問、「反映の仕組み」を体系化 日本、フランス、アメリカなど1万店舗を実際に食べ歩き、 多くの飲食経営本を著す。 飲食店のもうけの構造を知り尽くした現場コンサルタント。 日本、アメリカ、欧州、1万店舗以上の店舗を訪ね、繁盛の秘訣を体系化し、「オオクボ式繁盛プログラム」を開発。損益分岐点を下げる仕掛けでは、月商400万円売れないと成り立たなかった店を月商180万円でも利益が出るよう指導し、成功させた。 (株)グリーンハウス時代に「新宿さぼてん」を惣菜店多店舗化に成功。独立後は、ハイディ日高、和幸、東和フードサービスなどの新業態開発やメニュー開発などを手掛け、地域密着店、老舗料亭やフレンチ・イタリアンの高級店等の運営から集客法までを一元的に指導。経営者の信頼を得る。 「行列ができる店はどこが違うのか」など著書24冊。

筆者の関連セミナー

シリーズトップへ戻る 経営コラムのトップへ戻る

画像 ページTOPに戻る