【好評発売中!】「新春・全国経営者セミナー」講演CD・DVD 

社長のための「コラム&NEWS」
あなたの会社と資産を守る一手

第84話 会社が破たんする原因は資産にある(13)

決算書の内容をよい数字にしようという中小企業はたいてい銀行融資に頼る会社です。
逆に言うと決算書を見せる機会がない会社の場合、たいていは借入不要の会社ですが、決算内容がどうであったとしても問題はなく、債務超過であったとしても気にせずに税金対策が中心課題となるケースが多いです。

債務超過とは資産より負債のほうが多いということで、その段階で清算すれば払えない債務が発生することを意味し、銀行としては当然のように新規融資に躊躇することになります。

かくして、この債務超過を何とか解決して新規融資を得ようとして税理士さんに相談したA社のケースで今回は話をすすめます。

じっさいにあった話なので多少財務内容は変えています。

このA社のバランスシートは当初下記の内容でした。


ご覧いただければわかるように3,000万円の債務超過でしたが、顧問税理士さんは増資かDESを提案します。
増資で債務返済、あるいはDESのどちらをやっても下記のようなバランスシートになるのですが、このような会社に増資してくれる人がいるわけもなく、代表者からの借入金が7,000万円であったためその全額を株式にするDESを行おうとして、銀行に事前に話しに行ったわけですが、銀行の融資役席から思わぬ話を告げられます。

結論から言うと、その銀行の融資役席はバランスシートを良くしても新規融資はだせない。返済の財源である収益のほうも改善する必要がある。7,000万円の代表者からの借入はすでに銀行としては資本と同じに見ているということだったのです。
さらに話は続くのですが、DESを行った場合、会社に債務免除益が発生することがあると言われたそうです。

けっきょく、この会社の場合、DESもしなかったのですが、債務超過におちいった会社をなんとかしようとするときにDESはじっさいは使えないものです。DESも資本取引なので、本来は課税所得は発生しないはずなのですが、債権の額面と時価との差額が課税所得になるのです。

これを簡単に書くと7,000万円借りているものをDESで免除したら、額面は7,000万円だけれど、収益から返せると思われるのが今回の場合査定すると1,000万円しかないから、差額の6,000万円は課税所得になってしまうというようなことです。

再生企業の場合いろいろな機会に資本取引を行うことがありますがこの債務免除益や、増資で発生する可能性のある贈与税の問題など注意深くやらないと思わぬ事態になることもありえるのです。


バックナンバー

バックナンバーを全て見る

筆者紹介

画像 講師写真

講師 坂田 薫

企業再生コンサルタント

東京都中小企業振興公社の事業承継・再生支援事業登録専門家。専門は企業再生、ビジネスモデル、WEBマーケティング、SEO。ITと絡め、新しい成長戦略を立案、事業を軌道に乗せる実力コンサルタント。 金融機関にて20年に渡り、外為審査、ドル円中心のデイーリング、外為日銀担当等を経て、支店の融資担当次長を経験、数々の事業プロジェク トに財務と事業モデル開発の両面から支援。1000社以上の企業に携わる。  著書は「1年で黄金の会社を生み出すカラクリ」「決算書からお金持ち会社の作り方がわかる」、「社長さん!あなたの資産と会社を守る最後の一 手、教えます!」

シリーズトップへ戻る 経営コラムのトップへ戻る

画像 ページTOPに戻る