【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…36講師登壇、経営者700名が集う3日間 

社長のための「コラム&NEWS」
あなたの会社と資産を守る一手

第73話 会社が破たんする原因は資産にある(2)

「黒字倒産」ということは理解されづらいものです。
利益が出ているのに倒産するとはどういうことだろうかと思う人もいるはずですが、簡単に言うと、所有資産があっても、それが現金・預金以外の資産に蓄積される場合におこる現象なのです。

当たり前ですが、利益は必ずしもバランスシートの現金・預金という科目に反映するわけではないのです。それどころか、流動資産に反映するとも限らないのです。利益は資産勘定の商品や土地・建物・機械といった固定資産にも反映されます。
つまり、利益が計上されているから現金があるなんてことはないのです。

たとえば商品在庫でこの「黒字倒産」を考えるとわかりやすいかもしれません。
売上高から売上原価、経費を差し引いたものが利益とよばれるものです。

ここでは、単純化して経費を考えないで利益を考えることとしましょう。
売上高6,000万円、期首在庫が2,000万円、期中仕入1,500万円で、期末在庫が1,000万円とすると、利益はこんな計算式で求められます。

6,000-(2,000+1,500-1,000)=3,500万円

では、
売上高6,000万円、期首在庫が2,000万円、期中仕入1,500万円で、期末在庫が500万円とすると、

6,000-(2,000+1,500-500)=3,000万円

この2つの例でわかるように、売上原価が高く、その分だけ期末在庫が減れば利益は減るのです。
期末在庫が増えればその分だけ利益も増えます。これが期末在庫と利益の関係になります。

ところが残念なことに在庫が増え、その分だけ利益が増えても、現金・預金が増えてくれるわけではないのです。
これがまさに「黒字倒産」の原因のひとつとなります。

さらに言えば、期末在庫の金額もじつは心もとない根拠の上になりたっています。
一般的な棚卸資産の評価は、すでに何度も登場した最終仕入原価法(注1)でおこなわれますが、最後に仕入れた同一種の商品の価格が高ければ利益が増え、低ければ利益が減るということになります。仮にA商品の在庫が500個あり、最終仕入の単価が1万円ならA商品の在庫価値は500万円になり、最終仕入の単価が3万円なら1,500万円となります。

業種によってできないこともあるでしょうが、在庫を減らし財務をシンプルにしていけば、「黒字倒産」も避けやすくなります。


(注1)最終仕入原価法:

最終仕入原価法とは、棚卸資産の評価、費用化の方法のひとつで、評価費用化の時点ごとに直前に仕入れた棚卸資産の単価を活用して、原価の計算や棚卸資産の評価を行う方法。
最終取得原価法と呼ばれることもある。

最後に仕入れた棚卸資産の単価を、最後に仕入れた棚卸資産ではない資産に対しても用いる。

以上BuzzWordsより引用

バックナンバー

バックナンバーを全て見る

筆者紹介

画像 講師写真

講師 坂田 薫

企業再生コンサルタント

東京都中小企業振興公社の事業承継・再生支援事業登録専門家。専門は企業再生、ビジネスモデル、WEBマーケティング、SEO。ITと絡め、新しい成長戦略を立案、事業を軌道に乗せる実力コンサルタント。 金融機関にて20年に渡り、外為審査、ドル円中心のデイーリング、外為日銀担当等を経て、支店の融資担当次長を経験、数々の事業プロジェク トに財務と事業モデル開発の両面から支援。1000社以上の企業に携わる。  著書は「1年で黄金の会社を生み出すカラクリ」「決算書からお金持ち会社の作り方がわかる」、「社長さん!あなたの資産と会社を守る最後の一 手、教えます!」

シリーズトップへ戻る 経営コラムのトップへ戻る

画像 ページTOPに戻る