【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…35講師登壇、経営者700名が集う3日間 

社長のための「コラム&NEWS」
大久保一彦の“流行る”お店の仕組みづくり

73軒目 大阪名物!たこやきとシャンパーニュの『たこりき』


たこりき
(大阪府)

 大阪で勉強(繁盛店巡り)をクローズでやっているが、最近、参加者が増えている。

 先日はこのコラムでも紹介した大繁盛焼肉店『万両』の滝本昭人さんにお願いして、『カモシヤクスモト』の予約いただき、醸造酒とそれにあう料理を出す元バーテンダーの店でお酒と料理のペアリングの勉強をした。
 食事も終わり、身分を明かしてオーナーの楠本さんと歓談をしていると、「(『万両』に)何度か予約を試みたがとれなかった」と言う話になった。無理もない、一日四回転する焼肉屋だ。ふつうにおもいつきで予約を入れてもとれないかもしれない。
 ちょうど私は、東京から勉強会を頼まれて二週後に“持ちテーブル”があった。滝本さんは私たちが三名で予約をしていたことを思い出して、横なら入ることができると調整してくれた。さすがは滝本さん。そんなわけで、楠本さんとご一緒することになった。

 その『万両』の食事の日、話はもりあがり、あっという間に時間は流れた。私たちはもう少し楽しい時間を過ごしたくなり、当然のごとく「二件目、どこか面白い店はないか」ということになった。
 楠本さんの奥さんの遼子さんは、私が「翌日、新橋の名店『第三春美鮨』の長山一夫さんから使用している川汲(かっくみ)昆布の仕入れ先『こんぶの土居』に行くんですよ」という話をしていたことを気にかけてくれ、「その『こんぶの土居』の川汲昆布の出汁を使ったたこ焼きとシャンパーニュの『たこりき』という面白い店がある」とご提案いただいた。
 「おもしろそうだ」ということで、早速電話。席が確保できて、タクシーを飛ばして最近関西のマスコミで話題の『たこりき』に出没することになった。
 『たこりき』は有名な空堀商店街の人気の飲食店がままある場所に店はある。
 店内はカウンターがあり7席くらいある。カウンターの上のワインクーラーには本日のシャンパーニュやワインが並んでいる。


 まずは、“ノンドセ”のシャンパーニュをチョイス。人数が多いのでシャンパーニュは一本開けることにした。


 メニューはと、メニューブックをおもむろに開いていると、トッキュウジャーに出てくるメガネのお兄さんに似ている男性スタッフと“ザ・浪速っ子”という感じの美人のおかみが丁寧に接客してくれる。


 実は『たこりき』はワインとお好み焼きの名店『豚玉』の系列だ。『豚玉』というと、まだ吉田牧場が無名なころから、いち早く今人気絶頂のチーズを使っていた、コンセプトある店だ。当然、食材のチョイスもナイスだ。


 まずは、シンプルなたこ焼きを注文。あの川汲昆布の味を味わうことができるたこ焼きだ。シンプルだがうまい。それに、冷めてもうまい。


 ちなみに、川汲の真昆布は享保年間以降朝廷や幕府に献上する最高品位の昆布で、『こんぶの土居』の室で二年熟成されている。
 続いては、泉州水なすと吉田牧場のモッツァレラのサラダ仕立てだ。水なすは大阪らしい一品で、吉田牧場のモッツァレラと相性がよく、うまい!


 続いては、海苔とお出しに浸したたこ焼きだ。おそらく『土居』の海苔と出汁だと思う。これもうまい!


 最後にカウンターの上にあった気になったもの、“本日のキッシュ”を。これもうまい。



 大阪に行ったらぜひ、行ってみてほしい。

たこりき
大阪府大阪市中央区瓦屋町1-6-1
電話 06-6191-8501
→食べログ内ページ

バックナンバー

バックナンバーを全て見る

筆者紹介

画像 講師写真

講師 大久保 一彦


日本の将来のために創業・第二創業・イノベーションを支援する有限会社
代表取締役

10,000店舗を訪問、「反映の仕組み」を体系化 日本、フランス、アメリカなど1万店舗を実際に食べ歩き、 多くの飲食経営本を著す。 飲食店のもうけの構造を知り尽くした現場コンサルタント。 日本、アメリカ、欧州、1万店舗以上の店舗を訪ね、繁盛の秘訣を体系化し、「オオクボ式繁盛プログラム」を開発。損益分岐点を下げる仕掛けでは、月商400万円売れないと成り立たなかった店を月商180万円でも利益が出るよう指導し、成功させた。 (株)グリーンハウス時代に「新宿さぼてん」を惣菜店多店舗化に成功。独立後は、ハイディ日高、和幸、東和フードサービスなどの新業態開発やメニュー開発などを手掛け、地域密着店、老舗料亭やフレンチ・イタリアンの高級店等の運営から集客法までを一元的に指導。経営者の信頼を得る。 「行列ができる店はどこが違うのか」など著書24冊。

筆者の関連セミナー

シリーズトップへ戻る 経営コラムのトップへ戻る

画像 ページTOPに戻る