【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…36講師登壇、経営者700名が集う3日間 

社長のための「コラム&NEWS」
あなたの会社と資産を守る一手

第34話 経営者にとっての「真摯さ」とは?

二十代、三十代の経営者と話をしていて、「事業の成功法則」について意見を求められることがある。
もちろん、それについて熟知してるわけでもなく、専門でもないのに言い切ると、「事業の成功法則」といったものなどないのだ。

それでも、「あえて」という言葉を付け足して言うなら、「真摯さ」が必要だと思う。これはまさにドラッカーの言うとおりなのだが、「真摯」であるから成功するわけでもないと考えると、やはり「事業の成功法則」などといった定型は存在しないことになる。

事実、企業再生を専門にしている立場から、多くの企業をみてきたが、成功にいたる法則より、失敗にいたる法則のほうが高確率で導きやすい。

たとえば、どんな事業も「真摯 」にやらなければ簡単に失敗に導かれる。
クレイムの処理にしても簡単に受け流していたのでは、顧客の要望といった情報が蓄積せず、その会社の商品やサービスは顧客の気持ちから離れていく。その結果として業績不振→倒産ということにもなりえる。

社内の業績や事務管理を一管理者に丸投げしたり、経営者が見落としたりすると、いつのまにか社内の体制が崩れ始め事業の失敗に導かれる。

それでも潤沢な資金があってなんとかなるというのならいいのだが、多くの中小企業は今では負債比率が高く、潤沢な資金などないのがふつうになっている。

会計・財務を理解しなければならない。決算書が読めなければいけないとよく言われるが、経営者がそれを理解しているレベルくらいでは、不正経理を見抜けるレベルにはならないし、業績の改善や財務内容の真の良化にいたるのは難しい。

私が古くからよく知っている会社の社長は、社内に経理部長をおかず、自ら会計ソフトに資金の動きを入力している。もちろん経理が専門であるわけでなく、学校で勉強したわけでもなく、経理の講習に行くわけでもないのだが、もはやその姿は経理部長であり、経理ソフトの仕訳を打ち込んでいる姿はまさに「真摯」と言える。

その会社の財務データを見てその能力の高さには驚かされる。
信用保証協会の融資実行分の保証料もちゃんと次期決算計上分は前払い費用、それ以上の分は長期前払い費用に計上しているところなど並みの社長ではできないことだ。

そして、その社長の話はとても興味深い。

「仕訳できないと思った取引はしない」

「仕訳していると、資金繰りとか、財務内容の変化が自然と頭にはいってくる」

「経理を理解し、経理に時間をかけても儲けにつながるわけではないが、会社の財務内容がどんなふうに変化していき、その結果、今、当社に求められているものは何かはわかってくる」

「人にはキャパシティがある。自分は優秀でないので、キャパシティを超えた取引はしない」

これらの言葉通りのことがその会社では実行されている。

今回、その会社の決算書を見てあらためて、社長が自ら経理をおこなうことの重要さがわかった。今までに貸し倒れになった金額が総額で3万円程度なのだ。

数字は正直だ。この社長の真摯さが、この会社を「失敗」ということから遠ざけていると思わざるをえなかった。

バックナンバー

バックナンバーを全て見る

筆者紹介

画像 講師写真

講師 坂田 薫

企業再生コンサルタント

東京都中小企業振興公社の事業承継・再生支援事業登録専門家。専門は企業再生、ビジネスモデル、WEBマーケティング、SEO。ITと絡め、新しい成長戦略を立案、事業を軌道に乗せる実力コンサルタント。 金融機関にて20年に渡り、外為審査、ドル円中心のデイーリング、外為日銀担当等を経て、支店の融資担当次長を経験、数々の事業プロジェク トに財務と事業モデル開発の両面から支援。1000社以上の企業に携わる。  著書は「1年で黄金の会社を生み出すカラクリ」「決算書からお金持ち会社の作り方がわかる」、「社長さん!あなたの資産と会社を守る最後の一 手、教えます!」

シリーズトップへ戻る 経営コラムのトップへ戻る

画像 ページTOPに戻る