【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…36講師登壇、経営者700名が集う3日間 

社長のための「コラム&NEWS」
あなたの会社と資産を守る一手

第15話 管理することで生まれる利益もある

じつは今、資産が何十億円もあり、預金も十億円を超えている会社の経営改善計画を作っている。

銀行の要請で事業計画・経営改善計画をだすことになってしまったのだ。考えてみればそれだけその銀行のクレジットラインも厳しくなってきたということだと思う。

当然ながら経営改善にあたり、素案は売上をあげるものがでてきたが、それでは必要資金も増えてしまい利益になんら貢献することがないので、利益重視の案で再構成することになった。

では、どうやって利益を増やし、利益率を上げるのか?

そこが問題なのだ。今までと同じことをやっていたのでは利益率も利益も変わらない。

そこで、その会社の既存事業の勝ちパターンを示し、何が出来るか?何をしたらいいのか?を考えてみた。その会社の勝っているパターンを図に示し(SBP図)、標準品だけど物流面で他社に比べ優れていることや、パートナーに恵まれていることを再認識。

その図を見ながら、この会社の場合、経費の削減とかが主で新たな利益が生まれると感じた。

ところが、決算書や資料を読むと、どうもかなりコスト削減は行われている様子。では、どうしたらいいのか?と言うのが今回のテーマ。

一言で言ってしまえば、そこまで資金の管理をしている会社でも商品在庫等の資産の管理はされていない。必要最低限の在庫にするべく管理していけば利益が生まれるし、新たな視点もみいだせる。

実際、できあがった計画では利益率・利益・有利子負債の増減ともかなり優れた数字になってきた。

人件費を下げれば社員のモチベーションに影響し、必ずしも良い効果があるわけではない。経費の削減も限界がある。かといって、売上を上げれば利益の金額は増えるものの、増加運転資金が必要になりコンパクトな会社作りはできない。

商品在庫などの資産を管理することで生まれる利益も大きいのだ。そこを忘れてはいけない。

バックナンバー

バックナンバーを全て見る

筆者紹介

画像 講師写真

講師 坂田 薫

企業再生コンサルタント

東京都中小企業振興公社の事業承継・再生支援事業登録専門家。専門は企業再生、ビジネスモデル、WEBマーケティング、SEO。ITと絡め、新しい成長戦略を立案、事業を軌道に乗せる実力コンサルタント。 金融機関にて20年に渡り、外為審査、ドル円中心のデイーリング、外為日銀担当等を経て、支店の融資担当次長を経験、数々の事業プロジェク トに財務と事業モデル開発の両面から支援。1000社以上の企業に携わる。  著書は「1年で黄金の会社を生み出すカラクリ」「決算書からお金持ち会社の作り方がわかる」、「社長さん!あなたの資産と会社を守る最後の一 手、教えます!」

シリーズトップへ戻る 経営コラムのトップへ戻る

画像 ページTOPに戻る