【好評発売中!】「新春・全国経営者セミナー」講演CD・DVD 

社長のための「コラム&NEWS」
あなたの会社と資産を守る一手

第11話 失敗から学ぶことの重要性

黒字の会社だが、過大な銀行融資を返せなくなった会社の社長さんが、「返済ができないけれど、なんとか仕事は続けたい」と弁護士さんに相談したところ、破産をすすめられた。

社長は「こんな会社でも本業は黒字なので、返済がなければやっていけるのです。だから破産はしたくないのです・・・」とくいさがると、弁護士さんは「それでは民事再生を・・・」とすすめることになる。

この話、実際の話だ。

弁護士さんは法的な手続にもちこみたがる。

法的手続で儲けている弁護士さんという職業からいえば、当たり前と言えばそのとおりの話で、ある一定の形にあてはめるのが好きな日本人の多くが、破産だからといって何十万円、何百万円を支払い、民事再生だからといって何百万円を何の疑問も感ぜずに支払うことになる。

ところが、破産でも民事再生でもなく事業を展開する術もあるのだ。僕が顧問契約をしている会社のほとんどがこれにあたる。弁護士さんがついている企業でも、むやみに一定の型にあてはめることはしない。
しかも債務者社長さんは、 ほとんど自分で債権者・銀行と交渉をするようになる。

僕の顧問契約先企業のほとんどが、僕に助言や判断の難しい部分のアドバイスを求めたりはするが債権者との交渉の中から学ぶべきものを学んでいき、対等に交渉できるくらいにまで成長する。もちろんこれに向かない経営者もいる。

破産にしてもすべての担保不動産を売却してから破産したほうのが得なのに、形にあてはめようとして、債務不履行だから即破産というきわめてまじめな判断をしてしまう。

じっさい、形に当てはめるほうが楽なのだ。

だから、社長さんの多くが、残念なことに、この「最大の経営危機」から何かを学ぼうとすることを避けようとする。その結果、失敗から学ぶことができずに本当の再起さえできなくなってしまう。

せっかくのチャンスなのに。

「最大の経営危機」から学ぶことが出来れば、それはその企業・社長にとって最大の強みになる。

赤字補填資金を過大に借りていて返せなくなり「破産」しかすべのない企業があるのだけれど、ビジネス自体をその強みから再構築することで売上高営業利益率を黒字化した前年比の十倍以上にし、経費のほとんどを変動費にすることで再起させようとしている。

こんなケースは社長の決断と、そこから学ぶ力と意思がなければできない。

今の日本におこっている大災害も、そこから学ぼうとすること、学ぶことができれば再起し、より成長できるようにも思えるのだが・・・。

失敗から学ぶことはもっとも大切なことのひとつだ。

バックナンバー

バックナンバーを全て見る

筆者紹介

画像 講師写真

講師 坂田 薫

企業再生コンサルタント

東京都中小企業振興公社の事業承継・再生支援事業登録専門家。専門は企業再生、ビジネスモデル、WEBマーケティング、SEO。ITと絡め、新しい成長戦略を立案、事業を軌道に乗せる実力コンサルタント。 金融機関にて20年に渡り、外為審査、ドル円中心のデイーリング、外為日銀担当等を経て、支店の融資担当次長を経験、数々の事業プロジェク トに財務と事業モデル開発の両面から支援。1000社以上の企業に携わる。  著書は「1年で黄金の会社を生み出すカラクリ」「決算書からお金持ち会社の作り方がわかる」、「社長さん!あなたの資産と会社を守る最後の一 手、教えます!」

シリーズトップへ戻る 経営コラムのトップへ戻る

画像 ページTOPに戻る