【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…35講師登壇、経営者700名が集う3日間 

社長のための「コラム&NEWS」
大久保一彦の“流行る”お店の仕組みづくり

43軒目 各界著名人に永く愛されてる焼き豚

各界著名人に永く愛されてる焼き豚

肉のたかさご(東京都)
肉のたかさご(東京都)

 佃煮で有名な佃島。数多くの老舗があり、赴きがある。例えば、落語で登場する佃の渡しがあった場所の前にある創業170年の老舗天安(てんやす)にはなんとも言えない雰囲気がある。

 そんな佃島でひときわめだった店がある。店にはお客様があふれ、年末年始にはその商品を求めて1キロくらいの行列ができるという。何ゆえ、そんな商品を求めて人はやってくるのか?

肉のたかさご(東京都)

 その行列の正体は焼き豚を求める人たちである。
その名物で焼き豚で有名な店が今回紹介する「肉のたかさご」だ。店自体は、昔ながらの対面販売の精肉店だが、遠方からお客様をよぶしかけがあり、焼き豚が重要な役割を果たしている。
アメリカでの最近のビジネス・キーワードにハイパーローカルという言葉がある。市場が成熟して、小商圏化がすすみ生まれた考え方だ。
ハイパーローカルへの対処法として、スタッフのサービスと楽しみかたの多様性への対応叫ばれている。
楽しみ方の多様性への対応とは日常使いと非日常でも使える店を意味する。一見矛盾するようなことだが、馴染みのスタッフのサービスを含めてこのような成り立ち必要性が高まっている。そして、このような関係作りが成功すると、遠方からお客様を引き込むことができる。
遠方からお客様を呼び込んでいる「肉のたかさご」はこの対応ができていると言っていいだろう。

私は利便性の要素のひとつである“近い”という要素に感じている。というのは、ものあまりの時代、消費者がわざわざ遠くの店まで出かけることはまれで、基本的に近場で消費するようになったからだ。
この場合、もっとも注目すべきは、即時消費性の部分である。即時消費性の代表は喉が渇いたときにある目の前にある販売機だが、暑い日に目の前にある販売機は、小売希望価格であるにも関わらず売れる。
 即時消費性を生かしてものを売るときに大切なことは瞬間を作ることだ。
「今、佃島にいるという瞬間」「今たかさごの前にいる瞬間」だ!

肉のたかさご(東京都)

 「肉のたかさご」の行列の秘密は焼き豚という商品特性と商品設計にある。
 まず、焼き豚の商品特性は、焼き豚は家庭で作るおかずではないが、外で買うお惣菜という認識が定着しており、即時消費性も高い。そして、焼き豚は主役でもない。ついで買いが見込める。これが名物となれば、瞬間を作ることができるのだ。
商品設計は、たかさごの藤田社長が戦略的に考えている。藤田社長の、「肉の製造工程に秘密があり、その行程は今まで誰にも見せたことがない」という言葉が物語る。

肉のたかさご(東京都)

なるほど、たかさごのホームページでは「厚切りの焼き豚を代々受け継ぐ濃厚なタレで食べる」と書いてある。
臭みのない肉、そして、柔らかさは濃厚なタレをまさに食べる「脳ポイント!」そのものである。
 そして、中華風の三枚肉の焼き豚が裏メニューとして機能している。

肉のたかさご
東京都中央区佃2-21-6
電話 03-3531-4529

バックナンバー

バックナンバーを全て見る

筆者紹介

画像 講師写真

講師 大久保 一彦


日本の将来のために創業・第二創業・イノベーションを支援する有限会社
代表取締役

10,000店舗を訪問、「反映の仕組み」を体系化 日本、フランス、アメリカなど1万店舗を実際に食べ歩き、 多くの飲食経営本を著す。 飲食店のもうけの構造を知り尽くした現場コンサルタント。 日本、アメリカ、欧州、1万店舗以上の店舗を訪ね、繁盛の秘訣を体系化し、「オオクボ式繁盛プログラム」を開発。損益分岐点を下げる仕掛けでは、月商400万円売れないと成り立たなかった店を月商180万円でも利益が出るよう指導し、成功させた。 (株)グリーンハウス時代に「新宿さぼてん」を惣菜店多店舗化に成功。独立後は、ハイディ日高、和幸、東和フードサービスなどの新業態開発やメニュー開発などを手掛け、地域密着店、老舗料亭やフレンチ・イタリアンの高級店等の運営から集客法までを一元的に指導。経営者の信頼を得る。 「行列ができる店はどこが違うのか」など著書24冊。

筆者の関連セミナー

シリーズトップへ戻る 経営コラムのトップへ戻る

画像 ページTOPに戻る